東京都多摩市のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

東京都多摩市における見積ご依頼実績 296

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
東京都多摩市でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は134社です。
ここでは、東京都多摩市のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

東京都多摩市の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2キッチン


3トイレ


4洗面所


5洋室

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
東京都多摩市貝取
1,067,000
751,000

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

東京都多摩市のリフォーム市場概況

東京都多摩市でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は72社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた東京都のリフォームに関する相談は年間で1,584件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

東京都の市区町村からリフォーム会社を探す

東京都の近くの地域を見る

東京都多摩市の人口は14.87万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には14.87万人だったので、前回と比較して、+0.00万人となっています。
また、東京都の持ち家率は47.72%で、全国平均(62.32%)よりも低いです。

東京都では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

多摩市の地域情報

約14万8千人の人口を擁する多摩市は、東京都の北部に位置し、南東側は神奈川県川崎市と隣接しています。京王線、京王相模原線、小田急多摩線、多摩都市モノレール線が走行し、都心部である新宿へのアクセスに優れています。また市内の移動には、京王バスや多摩市ミニバスなどが利用できます。京王電鉄およびグループ企業の本社が多数立地しているのも、同市の特徴の一つと言えるでしょう。市の南部から八王子・稲城・町田市にまたがって、日本最大規模の新興住宅街・多摩ニュータウンが広がっており、昭和40~60年代に建てられた中古マンションが多数供給されています。聖蹟桜ヶ丘駅の南側~永山駅の北側に展開する桜ケ丘住宅地では、各駅から徒歩圏内で中古の戸建物件を探すことも可能です。市では、既存の住宅をリフォームして居住することを推進していることから、耐震・省エネ・バリアフリーリフォームを対象とした補助金制度にも力を入れています。なお多摩センター地区では、ハローキティが親善大使に任命されており、サンリオのキャラクターが掲載された案内板やラッピングバスを見られるほか、ハローキティの絵柄入り住民票が発行可能で、子育て世帯に人気があります。

リフォーム・DIY体験記


玄関のほこりは新聞紙で掃除

東京の郊外、一戸建てに住んでいます。玄関口は屋内と屋外を繋ぐ場所なので、どうしても屋外からのホコリ、ゴミが溜まりやすくなります。それに雨が降ったり、雪が降った後ですと玄関はビチョビチョになってしまいますね。まず晴れの日、玄関が濡れていない時の掃除の仕方ですが、どの家にも古新聞があると思います。その古新聞を、玄関を軽くホウキで掃いたあとに満遍なく敷き、上から水を湿らす程度にかけ、少し時間を置きます。そうしたらその濡れた新聞紙で拭き取るように玄関を拭きます。そうすると大体の汚れは落ちますのであとは雑巾で乾拭きして終わりです。雨や雪の日の水気がある時は古新聞を乾いたまま敷きます。そして新聞紙が水気を吸うまで時間を置き、水気を拭き取ります。そして雑巾で乾拭きすれば簡単に汚れは落ちます。
築11年目で外壁塗装リフォーム

築11年目の木造一戸建てです。外壁にクラックが数ヶ所目立つようになったのと粉が付着し始めたため、外壁塗装を検討し始めました。そのタイミングで訪問営業があり、アトモスというホタテの殻を混ぜたセラミック塗料の提案があり、通気性と意匠性に引かれ契約しました。費用は地域での販売促進を目的とするための大幅値引きが適用されたため、近所の方から聞いていた光触媒塗料とほぼ同額でした。工事は色の細かなオーダや細かな塗り分けに対応してもらいました。また、想定外の屋根の補修も追加料金無しで実施してもらいました、ただ、ベランダの床塗装が含まれていないとのことで対象外となりました。仕上がりはベンキを塗った印象ではなくタイルを張った感じで高級感を感じるもので非常に満足なものとなりました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.