東京都台東区のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

東京都台東区における見積ご依頼実績 386

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
東京都台東区でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は130社です。
ここでは、東京都台東区のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

東京都台東区の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
一戸建て
36
マンション・アパート
54.4
店舗
9.6
築年数ごとの成約実績構成
5年以内
5.4
6~10年
5
11~15年
10.9
16~20年
15.1
21年以上
63.6
人気のリフォーム上位5箇所
風呂・浴室
洋室
トイレ
キッチン
洗面所

東京都台東区のリフォーム市場概況

東京都台東区でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は303社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた東京都のリフォームに関する相談は年間で1,584件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

東京都の市区町村からリフォーム会社を探す

東京都の近くの地域を見る

東京都台東区の人口は19.93万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には19.61万人だったので、前回と比較して、+0.32万人となっています。
また、東京都の持ち家率は47.72%で、全国平均(62.32%)よりも低いです。

東京都では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

台東区の地域情報

台東区は、23区の中心やや東にあり、面積は23区内最小の約10㎢ですが、下町の代表的存在であり、ハイクラスの商業集積地帯です。貴金属・玩具・衣服の卸売りを行う問屋が多く、また江戸千代紙・江戸はけ・桐箪笥・革製品・東京銀器などの伝統工芸が現在も受け継がれています。さらに国内外の人が集う観光スポットも豊富で、浅草には浅草寺・雷門・ゆうえんち浅草花やしき、上野にはパンダが有名な上野動物園を始め、東京国立博物館・国立西洋美術館・国立科学博物館・アメヤ横丁などの名所があります。現在の東京メトロ銀座線は、1927年12月に、アジア・オセアニア地域で初めての地下鉄として浅草〜上野駅間で開業しました。他にも、東京メトロ日比谷線や千代田線、JR山手線や京浜東北線、常磐線、都営浅草線など多数の路線が走行し、さらに上野駅には東北・上越・山形・秋田・北陸新幹線が通っているため、台東区は今でも交通の要衝であり、東京の北の玄関口と呼ぶべき場所です。単身者用の住宅や少人数家族向けのマンションを中心として、各地域の物件が充実しており、利用できる路線が多いことから、駅から徒歩5〜10分圏内にある建物がほとんどです。

リフォーム・DIY体験記


玄関の鍵をセキュリティ性の高いものに交換

住んでいる一戸建て住宅の玄関をリフォームしたことがあります。築40年近く経つ家で玄関もかなり痛んでいました。その玄関に付いている鍵も古いタイプのものでプロのドロボーの手にかかると針金などを使って簡単に開けられてしまいそうで、家族全員で家を空けるときなど気が気ではありませんでした。そこで、針金などでは開けられない新型の鍵の付いた玄関にしてもらおうと思い、地元の工務店さんにリフォームを依頼しました。リフォームを行う前に玄関のサイズを測ってもらい、段取りをしてくれたので、工事は1日だけで済みました。肝心の鍵はドアの2か所に付いており、カギも昔のようなギザギザのあるものではなく、表面に凹んだところが何か所かある新型のものになりました。これなら絶対に開けられないとリフォームを行ってくれた方もおっしゃっていました。防犯の面でも良かったですし、玄関もシャレた感じになり家の外見も明るくなったのでリフォームをして良かったと思っています。
棚をセルフリフォームで作成

家に物置として使っている2畳くらいのスペースがあるのですが、使用中のクローゼットが手狭になったため、この物置をクローゼットと兼用にすることにしました。まず天井から30センチくらいの場所に50センチ幅の集合材の棚板を取り付けました。棚板は棚受け金具で固定しましたが、棚受け金具はこの棚板の下にステンレスパイプを取り付けることを想定してL字で間に補強のバーがある物を設置しました。その棚板の下に直径2.5cmのステンレスパイプを120cmでパイプカッターで切断したものをブラケットで固定して完成です。逆側の壁にも上部と床から90cmくらいのところの2か所に棚板を設置し、小物を置けるようにしました。自作の割には服をいっぱいにかけてもたわんだり、落ちたりしないので上出来だったと思います。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.