東京都目黒区のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

東京都目黒区における見積ご依頼実績 768

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
東京都目黒区でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は194社です。
ここでは、東京都目黒区のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

東京都目黒区の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2洋室


3トイレ


4キッチン


5洗面所

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
東京都目黒区上目黒
2,300,000
1,290,000
東京都目黒区碑文谷
2,030,000
2,030,000
東京都目黒区目黒本町
650,000
350,000

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

東京都目黒区のリフォーム市場概況

東京都目黒区でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は189社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた東京都のリフォームに関する相談は年間で1,584件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

東京都の市区町村からリフォーム会社を探す

東京都の近くの地域を見る

東京都目黒区の人口は27.93万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には27.68万人だったので、前回と比較して、+0.26万人となっています。
また、東京都の持ち家率は47.72%で、全国平均(62.32%)よりも低いです。

東京都では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

目黒区の地域情報

目黒区は、都心へのアクセスの良さや、治安の良さ、カフェやインテリアショップ等が並ぶおしゃれな街並みから、女性に人気のある街です。ただ、区全体の地価は安くなく、都立大学・学芸大学近辺が、手頃に住める地域として人気です。公園などは少ないものの、区内を横断する目黒川沿いは、春先の桜も有名で、散策を楽しむことができます。また、川沿いには欧米のアンティーク家具などおしゃれなアイテムを揃えるインテリアショップが並びます。中目黒駅に近い青葉台や、碑文谷・八雲・柿の木坂などには、都内では珍しい低層マンションなどもあり、閑静な住宅街が広がる高級住宅地になっています。さらに、区内には各国の大使館も多く、区の北部の駒場周辺には、東京大学の駒場キャンパスや、都立国際高校などの教育機関が集まり、大岡山には東工大のキャンパスもあるなど、インテリジェンスな雰囲気も魅力のひとつです。目黒区は23区内の中では鉄道駅の数が最も少なく、京王井の頭線や東急電鉄東横線・大井町線・目黒線・田園都市線、東京メトロ日比谷線の6路線、9駅を利用することになります。

リフォーム・DIY体験記


中古マンションのバスルームリフォーム

購入した中古マンションの少し閉鎖的な感じの浴室をリフォームしました。自分のライフスタイルで一番大事な入浴タイムを気持ちよくしたいことから、欲しい浴室イメージ写真と機能を提示し、近所の大手リフォーム会社、知り合いから紹介してもらった業者、ホームセンターのリフォームコーナーの3件から見積もりを取りました。それぞれいい提案をいただいたのですが、入浴タイムを大事にする私のライフスタイルを反映した提案をしてくださった近所のリフォーム会社にお願いすることにしました。集合住宅のため浴室スペースが狭く、欲しいシステムバスが入らないという問題に直面しましたが、配管スペースの隙間を有効活用して奥行を10cm広げて頂き、LIXILソレオ1418タイプを入れることができました。また、同じくLIXILのアクアジェットを取り付け、ジェットバスにすることもできました。ジェットバスを使った時の振動を階下のお宅に確かめて下さるなど、近隣への気配りも丁寧な対応で、近所のリフォーム会社に依頼して良かったと思いました。今は、ゆったりとしたバスタブとジェットバスでお風呂タイムを楽しんでいます。
幼児用のソファをDIY

余ったカラーボックスの棚板やL字金具、使わなくなったすのこ2枚を使って、幼児用のソファを作りました。まずはすのこ2枚(約70×60cm)の裏面四隅にキャスターをねじ止めし、それをふたつ並べて固定して、約70×120cmの土台にしました。次に、カラーボックス用棚板(幅約100cm)にL字金具を取り付け、すのこの土台に背もたれになるように取り付けました。すのこの両端には、ホームセンターで購入した、角に丸みのある杉板(約20×45cm)をねじ止めし、ソファの側面としました。最後に、折りたたんだキルトラグを、背もたれと座面を覆うように敷き、座面に座布団を2枚、背もたれ部分にクッションを置けば、ちょっとしたソファの出来上がりです。無茶をしなければ、幼児の体重程度なら耐えうるし、高さもないので転げ落ちる心配もありません。ラグやクッションカバーを工夫すれば、おしゃれな子ども用ソファの出来上がりです。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.