東京都江戸川区のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

東京都江戸川区における見積ご依頼実績 1,085

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
東京都江戸川区でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は151社です。
ここでは、東京都江戸川区のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

東京都江戸川区の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洋室


5洗面所

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
東京都江戸川区船堀
240,000
240,000
東京都江戸川区北小岩
2,910,000
1,800,000
東京都江戸川区南小岩
1,490,000
1,310,000

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

東京都江戸川区のリフォーム市場概況

東京都江戸川区でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は644社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた東京都のリフォームに関する相談は年間で1,584件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

東京都の市区町村からリフォーム会社を探す

東京都の近くの地域を見る

東京都江戸川区の人口は69.80万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には69.54万人だったので、前回と比較して、+0.27万人となっています。
また、東京都の持ち家率は47.72%で、全国平均(62.32%)よりも低いです。

東京都では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

江戸川区の地域情報

江戸川区は、東京23区の東部に位置し、最東端の自治体です。「子育てがしやすい街」ということが大きな特徴で、乳児養育手当・私立幼稚園補助金・区が認定した人に子供を預けられるサービス、保育ママ制度などが整備され、子育て世帯をサポートする環境が整っています。また、葛西臨海公園・水族館や、一之江境川親水公園、総合レクリエーション公園が有名ですが、23区内で公園面積が1位(区民一人あたり公園面積も1位)など、子供が遊べる公園が多いことも子育てしやすい理由でしょう。実際、子供が多く、区民の平均年齢は23区内で最も若いです。葛西や西葛西駅からは、東西線で茅場町・大手町などのオフィス街に出ることができ、都営新宿線船堀駅からは、新宿方面に出ることが出来るので、いずれも通勤・通学に便利です。江戸川区は、中央卸売市場葛西市場に隣接しており、物流ハブ拠点である葛西トラックターミナルもあるなど、運輸業の事業所数が第2位と盛んです。区内の交通アクセスは、JR総武線・京葉線・京成本線・都営新宿線・東京メトロ東西線の5路線が通っていますが、いずれも東西方向の鉄道で、区内を南北に移動する際は、路線バスを使用するしかなく、区内の課題となっています。

リフォーム・DIY体験記


リクシルのシエラにリフォーム

築35年の義実家を譲り受けることになり、キッチンをリフォームすることになりました。ネットでリフォーム会社を調べ、そのうちの3社に実際に家にきて、現地調査をしてもらいました。どのようにリフォームしたら良いのか、どんなキッチンがいいか提案してくれた案を聞きながら決めていき、一番私の思い描いているものに近い提案をしてくれたリフォーム会社に依頼することを決めました。キッチンはリクシルのシエラにしました。引き出しの色やキッチン台の色なども自分好みにカスタマイズができて気に入ったものを選ぶことができました。元々のキッチンよりも少し大きいサイズのシステムキッチンになり、キッチン台が広々、シンクも広々としてキッチンに立つのが楽しくなりました。
DIYで押し入れをクローゼットに

築35年の一軒家に住んでいるのですが、昔の家なのでクローゼットがありません。そこで、リビングにある押し入れを大胆にクローゼットに変えるべくDIYしました。まず、押し入れの間仕切りの部分を取り去ります。きれいにしたところで、内側の色をホワイトに塗りました。これだけで見違えるようにきれいに見えます。床の部分はホームセンターに売っているフローリングの床材を使用しました。ホームセンターで測った通りに切ってもらい、築35年に合うようにウォールナッツ色を布に染み込ませて拭くようにオイルステインをすりこみ、味を出しました。外側の襖は取り払い、レールカーテンを敷いたのを取り付けました。乱雑な物置だった押し入れが、クローゼットとしてよみがえり、服がすっきりと収納出来てとても満足です。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.