東京都中央区のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

東京都中央区における見積ご依頼実績 626

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
東京都中央区でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は157社です。
ここでは、東京都中央区のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

東京都中央区の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1洋室


2トイレ


3風呂・浴室


4キッチン


5洗面所

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
東京都中央区築地
2,270,000
1,520,000
東京都中央区日本橋堀留町
297,000
297,000
東京都中央区日本橋箱崎町
990,000
990,000

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

東京都中央区のリフォーム市場概況

東京都中央区でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は218社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた東京都のリフォームに関する相談は年間で1,584件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

東京都の市区町村からリフォーム会社を探す

東京都の近くの地域を見る

東京都中央区の人口は16.25万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には15.68万人だったので、前回と比較して、+0.57万人となっています。
また、東京都の持ち家率は47.72%で、全国平均(62.32%)よりも低いです。

東京都では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

中央区の地域情報

中央区は、東京都心を構成する区のひとつであり、23区内のほぼ真ん中に位置しています。面積は23区内で2番めに小さいものの、日本橋・銀座・築地・月島・晴海などの街があり、区外から多くの人が集まります。大型商業施設やオフィスが多く、住宅としても団地やタワーマンションなどが中心で、一戸建てや低層マンションの数はかなり少ないのが特徴です。日本橋や京橋など、下町として古くから栄えた地域と、東側の晴海・勝どきなど埋め立てによってできた地域があるのも特徴的で、同じ区内でも様々な特色を楽しむことができます。特に臨海部には、続々とタワーマンションができており、30代前後の若い人口が増加傾向です。区内の居住エリアとしては、臨海部の高層マンション群もしくは、人形町・月島・佃・八丁堀などの下町エリアが人気です。区内は銀座線・丸ノ内線・日比谷線・東西線など地下鉄を中心に多くの鉄道が通っていますが、臨海部は、都営大江戸線勝どき駅以外に大きな駅は少なく、移動にはバスを使用したほうが便利な地域もあります。

リフォーム・DIY体験記


店舗を居住用にバリアフリーリフォーム

以前自営業をしていたのですが、数年前に店舗をたたみ、元店舗部分を居住スペースにする事にしました(住居と店舗が繋がっている建物です)。親戚が以前リフォームの際に利用した会社が良かったよ、というお話を聞いていたので私達も同じ会社にお願いする事にしました。それまで両親と暮らしていたのですが、結婚を期に、二世帯風にしようという事になり、玄関は勿論キッチンやトイレ、風呂といった水周りも別に造ってもらいました。それぞれ独立した作りになっていますが、内部から自由に行き来できるように通路も作って頂いたので、いざという時に安心です。両親が高齢に近い事もあり、通路や部屋の高低差を無くし、玄関や階段に手すりをつけ、バリアフリー対応にするのはどうでしょうか、と打ち合わせの時に提案して頂いたり、こちらの細かな要求にも対応して頂いたりと、何度も打ち合わせをして下さいました。おかげでほぼイメージ通りのリフォームが済み、とても過ごしやすい日々を過ごしています。
サイドボードを机にリメイク

家を片付ける際に、サイドボードが大きすぎて処分できなかったため、小さく解体していました。その時にサイドボードを利用して何か作ろうと思い、小さな机を作成しました。サイドボードの天板部分は机の部分に使い、横に長かったので、半分に切り、正方形になるように左右の端を切りました。切った断面は綺麗にヤスリをかけ、サイドボードの模様があしらってあった部分を使って、模様をつけました。机の足になる部分は、サイドボードの支柱となっていたところを使いました。その支柱が2本しかなかったので、対称になるようにつけ、後の2本は机の台の部分になる時に端を切った木材を足の長さに切って利用しました。接着はボンドを利用したあとに、ネジでとめました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.