岡山県のリフォーム

岡山県でリフォームするなら、リショップナビへの無料一括見積もりで
効率的にリフォーム会社を選ぶことができます。 子供部屋・風呂・洗面所など希望の箇所を選んで、リフォーム情報を探しましょう。

岡山県における見積ご依頼実績 2,213

岡山県主要地域の見積もりご依頼実績

1

倉敷市


402
2

岡山市北区


370
3

岡山市南区


186
全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
岡山県でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は34社です。
ここでは、岡山県のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

岡山県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洋室


5洗面所

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
岡山県岡山市北区
1,400,000
1,200,000
岡山県倉敷市
197,780
197,780
岡山県瀬戸内市
3,755,000
3,250,000

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

岡山県のリフォーム市場概況

岡山県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は2,158社で、周辺地域と比較して業者数が多い地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた岡山県のリフォームに関する相談は年間で79件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

岡山県の市区町村からリフォーム会社を探す

岡山県の近くの地域を見る

岡山県の人口は191.17万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には192.06万人だったので、前回と比較して、-0.89万人となっています。
また、岡山県の持ち家率は67.02%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

岡山県では、1991 〜 2000年が最も多く、次いで2001 〜 2010年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

温暖で雨も少なく、中国地方の交通の要、岡山県で住宅のリフォームを

岡山県は、瀬戸内の温暖な気候を背景に、中国・四国地方の交通の要衝として発展しています。
瀬戸内、太平洋、日本海を結ぶルート上にあり、高速道路の整備から、多くの物資が流通され、流通の県でもあります。
気候的には、北部の日本海側は豪雪地帯ですが、南部は典型的な瀬戸内海式気候に属し、県庁所在地は降水量1mm未満の日数が全国最多であることから、1989年から「晴れの国岡山」を県の標語としています。
また、自然災害も少ない土地柄となっています。
岡山県の中心部は坂が少なく、平地に面している家が多くて住みやすい街で、雨が少ないことから、自転車通勤・通学などでも非常に便利な環境となっています。

岡山県の伝統工芸としては、国指定伝統的工芸品の勝山竹細工がよく知られています。
真庭市の地元や周辺市町村から産出する真竹を原材料として生産される、晒しや皮むきなどを行わない青竹を使った家庭
用の容器や農業用の運搬具で、力強く、使い込んでいくうちに飴色へと変化していくのも魅力の一つとなっています。

岡山県には、岡山県住宅リフォーム推進協議会があり、建築士による住宅リフォームに関する専門相談を行っています。
また、(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターは、「リフォーム支援ネット」(通称、リフォネット)を運営し、リフォームに関する基礎知識を冊子にまとめた安心・満足リフォームガイドや、住宅リフォーム見積チェックシステムなどを提供しています。

リフォームするなら、2社か3社から相見積もりを取るのがよいでしょう。
どれくらい早く見積もりを出すか、担当者の誠意もよく判断することです。
トータルのリフォームで、大きな金額のリフォームを行う場合、信頼できる設計士を紹介してもらい、入札で決定する方法もあります。
設計士との契約も、工事責任が設計士にも及ぶ契約にして、例えば、設計管理を設計士に依頼し、工事完了後に管理費を支払う、という形があります。
この場合、半分を契約時、半分を完了後という形にします。
これだと安心して工事を進めることが出来ます。

お住いのお掃除・DIY体験記


曇ったグラスを重曹とラップでピカピカなグラスに

透明なグラスで水道水やお茶、牛乳を飲むと、カルシウムや塩素、油分やタンパク質、カテキンなどが含まれているので、グラスが曇ってしまいます。そんなグラスをキレイにする方法は昔から家で使っていて、ついこの間、テレビでも紹介されていました。とても簡単です。それは、重曹とラップを使って洗うことです。まず、曇ったグラスを水で濡らします。そして、重曹を少しグラスに入れます。あとはラップで拭いて、水で洗い流すだけ。少し残っていたらもう一度同じことをしてください。たったこれだけで大抵の曇りは無くなります。重曹は料理にも使えますし、お風呂掃除にも使えるのでとても便利で役立っています。重曹を応用することで、いろんなことが出来そうです。
DIYで味気ない床を高級感ある床にチェンジ

家の玄関、トイレ、浴室の脱衣スペースなどはリノリウムそのままの床で、少々味気ないというか見栄えもあまりよくありませんでした。特に玄関が、来客した人の印象も違うのではないかと思っていました。そこでホームセンターでテラコッタ調のクッションフロアを自分で買ってきて、大きさを合わせて敷き詰めました。特に目立つ玄関などではサイズが合っていなかったり、継ぎ目があったりするとか自作感が出てしまい、逆に安っぽくなってしまいます。かなりリアルな質感のシートだったので、床とまったく同じ形に切り取るところに苦労しました。また、浮いてしまうと違和感もあるので、固定させるところも壁紙用のテープを使い、きっちりと敷き詰めました。来客者の評判の上々で、自分でもなかなか良いものができたなと思います。切り取り方と固定の仕方を工夫すれば、DIYでも元からそうであったかのような床ができると思います。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.