奈良県のリフォーム情報(口コミ・評判・おすすめリフォーム会社)

加盟希望はこちら▶

奈良県のリフォーム

リショップナビでは奈良県の優良リフォーム会社を多数ご紹介しています。
リフォーム事例・会社情報・口コミ評価を公開しているので、 希望リフォーム箇所で絞り込んで気になる会社を探しましょう。

奈良県でのリショップナビ見積もり実績 5,154

奈良県主要地域の見積もりご依頼実績

その他のエリアを見る

奈良県にお住まいの方にご紹介できるリフォーム会社数 136

リショップナビで一括見積もりすると、
リフォーム料金が最大50%安くなる!

  • リフォーム箇所リノベーション

    A社4,900,000

    B社4,700,000

    4% DOWN

  • リフォーム箇所風呂・浴室

    A社170,000

    B社110,000

    36% DOWN

リショップナビご利用のメリット

  • カスタマーサポートがご希望にピッタリの会社を最大5社ご紹介
  • 厳しい加盟審査に通過した優良業者のみをご紹介
  • もしもの時の安心リフォーム保証制度完備

奈良県評判の良い
リフォーム会社を最大5社ご紹介!

たった
30秒
見積もり
依頼完了!

お電話でも受け付けています!0120-929-609【受付時間】朝10時〜夜21時

奈良県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洋室


5洗面所

奈良県のリフォーム市場概況

奈良県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は960社で、周辺地域と比較して業者数が少ない地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた奈良県のリフォームに関する相談は年間で104件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

お役立ちFAQ

リフォーム箇所から奈良県のリフォーム会社を探す

奈良県の市区町村からリフォーム会社を探す

奈良県の人口は136.28万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には137.17万人だったので、前回と比較して、-0.89万人となっています。
また、奈良県の持ち家率は73.37%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

奈良県では、1981 〜 1990年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1971 〜 1980年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

耐震補強工事も一緒に行いたい奈良の家のリフォーム

奈良県は、京都と並んで古都の町として有名ですが、大阪方面へのベッドタウン的な役割も果たしています。
奈良市内から大阪市内へは、電車で40分ほどのアクセスの良さなので、通勤客がマイホームを奈良で探すことは珍しいことではありません。
また子供達が奈良県内ではなく、大阪市内にある有名私立中高一貫校に通うことも多く、毎朝奈良から大阪へ向う電車は大勢の乗客で混雑しています。

奈良県内には、名所旧跡が多く、観光産業を主としていることから、他県から人がやってくるような大型商業施設やレジャー施設がほとんどありません。
観光客は日中に多く訪れて、夜は観光地の営業終了と共に人がいなくなります。
夜に遊べるような場所がほとんどないことから、地元で遊ぶというよりは、大阪市内で遊んで最終電車に乗って奈良の家に帰るという生活パターンが主流となっています。
静かに夜を迎えることが出来る奈良は、ベッドタウンとして最適な環境があります。

ベッドタウンとして半世紀近くたった奈良の家々は、現在まさにリフォームやリノベーションの最盛期を迎えています。
居住者の高齢化に伴い、家を手放し老人ホームに入る人もいますし、子供夫婦と同居を始めるなど、家族の暮らし方に合わせて、売却される家もあれば、改築、リフォームといった動きもあり、家は今後色々な形で変わっていくと考えられます。

築数十年を経た家で、リフォームが必要になってくるのは、どの部分でしょうか。
まず、1981年以前に建てられた家は、耐震性能が現在の基準を満たしていないことが多いので、耐震性をチェックし不足している強度を補う必要があります。
自治体により無料で診断を受けられる場合があります。
リフォームを機会に、耐震リフォームも一緒に検討しましょう。

次に古くなった設備の交換を行いますが、単に新しいものにするのではなく、今までの生活で不自由だった点を改善できるようなリフォームを考えましょう。
そして、自分や配偶者が年を取ること、子供がいなくなること、生活スタイルの変化、これからやりたいことなど総合的に考えます。
リフォームには、多額の資金が必要になりますが、資金はリフォームのためだけではありません。
老後の生活資金も確保しておかねばならないので、そのことを忘れずに予算を立てましょう。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。