長崎県対馬市のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

長崎県対馬市における見積ご依頼実績 13

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
長崎県対馬市でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は5社です。
ここでは、長崎県対馬市のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

長崎県対馬市の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2キッチン


3トイレ


4和室


5洗面所

長崎県対馬市のリフォーム市場概況

長崎県対馬市でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は43社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた長崎県のリフォームに関する相談は年間で53件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

長崎県の市区町村からリフォーム会社を探す

長崎県の近くの地域を見る

長崎県対馬市の人口は3.10万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には3.14万人だったので、前回と比較して、-0.04万人となっています。
また、長崎県の持ち家率は65.08%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

長崎県では、1991 〜 2000年が最も多く、次いで1981 〜 1990年、1971 〜 1980年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

津島市の地域情報

愛知県の中西部にある津島市は、名古屋市の西側に位置しています。織田信長が統治したことから、「信長の台所」と呼ばれ、商業の都として繁栄してきた歴史があります。1,000年以上前に建立された天王信仰の総本山・津島神社の門前町として親しまれ、全国から観光客が訪れており、500有余年続いている尾張津島天王祭は、 無形文化遺産に登録されています。尾張〜伊勢を結ぶ交通の要衝として栄えてきた同市は現在、名古屋鉄道津島線・尾西線、名鉄バスやコミュニティバスが利用できるほか、国道155線や東名阪自動車道などが通っています。名古屋市などの近隣都市へのアクセスが良好な地域です。旧来から住宅街としても発展してきましたが、豊川・諏訪周辺には築年数の浅い建物も多く、最寄り駅から徒歩15分圏内の立地で、戸建てやマンション、テラスハウスなどの物件を探すことも可能です。中古住宅を購入してリフォーム・リノベーションをしたい場合には、4LDK〜6LDKの戸建てであれば東中地町・愛宕町・常盤町で比較的多く供給されており、1LDK〜4LDKタイプのマンションなら城山町・池須町・柳原町界隈が物件数豊富でおすすめです。

リフォーム・DIY体験記


レモンを使ったフローリング掃除方法

一戸建てに現在住んでいます。フローリングなので、木材のツヤを出せるように掃除をしています。放っておくと埃が溜まるのはもちろんのこと、木の本来の材質が損なわれたりするので注意が必要です。私はフローリング用のクイックルシートで拭き取った後に、水にレモンの皮を浸して作ったスプレーを吹きかけてツヤを出しています。レモンの皮には汚れを落とす作用があり、効果的に掃除ができることに加え、吹きかけた後、柑橘類の爽やかな香りがするのでとても重宝しています。また、レモンの皮の表面に布を被せて床を磨くとピカピカになるため、ツヤ出しスプレーはみかんの皮などでも代用ができます。人工的なフローリングスプレーではないので、犬猫などペットがいる家庭でも安心して使えます。
寝室の床をタイルカーペットに交換

寝室の絨毯を張り替えることにしました。汚れたら部分的に替えることができることを考えてタイルカーペットを敷くことに決め、近所のホームセンターで購入しました。タイルカーペットはサイズが一枚50センチ四方で、防火機能がついており、接着剤をつけるのがイヤだったので吸着機能がついたものを選びました。カーペットを敷く手順は簡単で、部屋の中心からカーペットを敷き詰めていき、最後に余った部分や柱などとぶつかる部分をカッターで切り取って終わりです。ポイントは、最後にカーペットを切る際に、大きめのカッターを使用し、物差しをしっかり当ててサイズ通りに切ることにあります。これがうまくいかないと余った部分の床が見えてしまったり、壁との間に隙間が出来てしまい見栄えが悪いです。作業時間は約8畳の寝室にタイルカーペットを敷くだけで半日程度でした。専用の工具を必要とせず、簡単な作業の割には効果が絶大で寝室が見違えました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.