兵庫県のリフォーム

兵庫県のリフォーム会社を探すならリショップナビ!
神戸市を中心に地元密着のリフォーム会社が多数加盟しています。 厳選されたリフォーム会社に無料見積もり依頼をして最安値を探しましょう。

兵庫県における見積ご依頼実績 10,044

兵庫県主要地域の見積もりご依頼実績

1

西宮市


894
2

尼崎市


707
3

姫路市


569
全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
兵庫県でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は172社です。
ここでは、兵庫県のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

兵庫県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洋室


5洗面所

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
兵庫県高砂市
167,000
100,000
兵庫県明石市
690,000
660,000
兵庫県たつの市
470,000
410,000

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

兵庫県のリフォーム市場概況

兵庫県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は4,741社で、周辺地域と比較して業者数が多い地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた兵庫県のリフォームに関する相談は年間で365件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

兵庫県の市区町村からリフォーム会社を探す

兵庫県の近くの地域を見る

兵庫県の人口は557.06万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には558.97万人だったので、前回と比較して、-1.91万人となっています。
また、兵庫県の持ち家率は65.13%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

兵庫県では、1991 〜 2000年が最も多く、次いで2001 〜 2010年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

兵庫に多い2階リビングの家のバリアフリー対策

兵庫県の太平洋側は海側から山側に向って住宅地が広がっています。
海を臨む南向きの家は、山側に行けば行くほど2階リビングの家が多くなります。

日本の狭い土地に密集した一戸建て住宅の1階は、日当たりや風通しが悪いことが多くなります。
2階リビングの家では、日中長い時間を過ごすリビングルームを1階よりも風通しが良く、光が多く入る2階にとって、眺望を楽しみながら生活をしようという発想です。
ところが年をとり、体が不自由になり始めると階段を上って2階のリビングに移動することが出来なくなります。
将来、体が不自由になっても自立した生活を送るには、1階にリビングを設けるリフォームをしたいところですが、このリフォームを数十年後に行うなら、それに対応できる家作りを最初からしておかなければならないことやそのコストを考えるとあまり得策とは言えません。

2階リビングをそのまま利用するリフォームで、エレベーター設置という方法があります。
ホームエレベーターの値段は、ニーズの増大に伴い値段も下がっており、将来的にもっと手頃な価格となり、エレベーターの種類や数も増えることが予想されます。
将来エレベーターを設置するなら、最初からそのスペースを確保しておくと便利です。
収納や吹抜けにしておきます。
エレベーター設置には電力も必要となるため、それに見合った配線を最初に家を建てる時に、一緒にしておきます。
2階にエレベーターが上がることを考えて、2階の屋根はエレベーターのユニットの形がおさまるように、屋根部分を一部突出させておくことも必要です。
最初に出来る範囲で準備をしておけば、エレベーター設置のその日が来た時に、リフォーム料金を節約することが可能になります。

エレベーター設置は、自分達が年を取ってからつけると決めていても、設置した後は年1回の法定点検が義務付けられています。
メンテナンスについても定期的に行わなければなりません。
メンテナンス業務は代行業者に依頼するため、その分の費用は、エレベーター作動に伴う電気代と共に利用者が負担しなければなりません。
複雑そうに見えますが設置してしまえば、安心・安全なシニアライフをスタートさせることが出来る魅力的なリフォームです。

お住いのお掃除・DIY体験記


壁の画鋲の跡や小さな汚れを修繕・目立たなくする方法

私は兵庫県で一軒家に住んでいるのですが、家の壁は白く、カレンダーやポスターで穴が開くと剥がしたときに黒く目立ってしまいます。そんな時に私がやる安く簡単に修繕する方法は、修正テープを使った修繕方法です。テープの使い方はとても簡単で穴の開いてしまった箇所にテープをつけるだけです。つけた後は指で摩り壁となじませます。テープではなく修正液でもいいのですが、液より手軽なので、私はテープがおすすめです。テープをつける長さはなるべく穴を隠す分だけの方がより目立たなくなるので少量がいいです。また、拭いても落とせなかった壁の汚れやひっかき跡も修正テープでかなり目立たなくできます。修正テープは百均で100円で買えてしまうので低価格で済む壁の修繕方法だと思います。
タイルシートを使って家具やカウンターをイメージチェンジ!

使っていくうちになんとなく色あせてきたな、と思っていたテレビカウンターを何とかしたいと思い、タイルを張ってみることにしました。タイルシートになっているものを購入して、それを目的の場所に貼り付け、あとは目地材をタイルとタイルの間に入れていくだけです。タイルシートはネットで簡単に購入する事ができますし、そんなに高くないです。しかもサイズや、色がたくさんそろっていますので、自分の描いているイメージ通りのものを探すことができます。目地材もたいてい一緒に購入できます。我が家は部屋全体に色が少ないので今回は2.5cm角のブルーのタイルシートを購入しました。テレビ台の天板サイズに切って貼り付けていきます。前側や横側はちょうど1列分が貼れました。あとは目地材をきれいに埋め込み、最後に濡れたクロスで拭き取れば、イメージチェンジの完了です。いい感じに仕上がりました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.