群馬県桐生市のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

群馬県桐生市における見積ご依頼実績 112

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
群馬県桐生市でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は20社です。
ここでは、群馬県桐生市のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

群馬県桐生市の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洗面所


5洋室

群馬県桐生市のリフォーム市場概況

群馬県桐生市でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は212社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた群馬県のリフォームに関する相談は年間で55件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

群馬県の市区町村からリフォーム会社を探す

群馬県の近くの地域を見る

群馬県桐生市の人口は11.20万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には11.37万人だったので、前回と比較して、-0.17万人となっています。
また、群馬県の持ち家率は71.41%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

群馬県では、1991 〜 2000年が最も多く、次いで2001 〜 2010年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

桐生市の地域情報

桐生市は、群馬県の東部、関東平野の北端に位置します。渡良瀬川・桐生川などのたくさんの河川が市街地を流れており、山が屏風上に連なる景色に囲まれた地域です。JR両毛線、東武鉄道桐生線、わたらせ渓谷線、上毛線が利用できるほか、道路国道50号・122号などが通っています。人口は約12万人を擁し、市街地全域に単身者用からファミリー世帯用まで物件が豊富にあります。桐生駅周辺を中心に、最寄り駅から徒歩圏内に立地し、かつ駐車場を完備している住宅も多数あります。国内を代表する機業都市であり、桐生織や、ミシンの横振り刺繍の技術が継承され続けています。桐生の絹織物は「西の西陣、東の桐生」呼ばれるほどの一大産業で、上毛かるたでも「桐生は日本の機どころ」と詠まれています。その歴史は古く、奈良時代の初頭、朝廷への献上品にもなっていました。天保年間には綿織物業を行っていた尾張とともに、全国に先駆けてマニュファクチュアを導入しています。現在は、ミツバなどの自動車部品産業やソフィアを始めとしたパチンコ産業が市の経済の中心になっていますが、土蔵造りのお店やノコギリ屋根工場など養蚕や製糸業の最盛期を物語る町並みが今も残されています。

リフォーム・DIY体験記


猫の毛を残さない掃除方法

私は一人暮らしで猫を飼っています。猫の毛も落ちますしハウスダストアレルギーもあるので、ホコリが残らないような掃除をいつも心がけています。そこで普段、フローリング掃除をする際は、窓を締め切った状態で開始します。まず棚やデスクのホコリをクイックルワイパーで絡め取ります。次に、ゴミ箱など床に置いているモノを全てを同じようにクイックルワイパーでホコリを取りながら棚の上にあげます。それから、フロアワイパーにドライタイプのシートをセットして、床全体にかけます。終わったら、ドライシートを車用のファイバータオルに交換してから、水拭きします。ここで、取れない汚れはセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして拭き上げます。最後に掃除機を溝に沿ってかけると中に入り込んだ汚れがよくとれます。取れない時は爪楊枝を片手に持って置き、掻き出しながら掃除機で吸わせています。最後に窓を空けて換気をして終了です。
中古住宅のトイレリフォーム

築25年の中古住宅を購入した際に、トイレをリフォームしました。リフォームは、父の知人の工務店にお願いしました。昔ながらの簡易水洗のトイレで、壁も汚れていました。まずトイレ内の壁のクロスを張り替え、その上に腰板を貼ってもらいました。トイレの便器も取り替えてもらいました。まだ汲取り式の簡易水洗しか使えない地域だったので、簡易水洗で臭いが上がって来にくいタイプの便座にしましが、やはり臭いは気になりました。トイレに換気扇がなくガラス窓を開けて換気をする為、冬場はトイレがとても寒くてトイレにヒーターを置いていました。寒さと臭いの観点から、リフォームの際に、トイレに換気扇を付けてもらうべきだったなと反省しました。トイレの壁に貼ってもらった腰板には、アウトレットの材木を使い費用を抑えました。腰板を付けてもらったので掃除がしやすく、とても助かりました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.