愛媛県のリフォーム | リフォーム 費用・価格・料金の無料見積もり

愛媛県のリフォーム

愛媛県内で優良リフォーム会社を見つけるならリショップナビ!
厳格な審査に通過したリフォーム会社のみをご紹介するので、安心して比較検討できます。 愛媛県のリフォーム施工事例も多数公開しているので、気になる箇所を選んでください。

愛媛県における見積ご依頼実績 1,446

愛媛県主要地域の見積もりご依頼実績

1

松山市


507
2

今治市


142
3

西条市


95
全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
愛媛県でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は17社です。
ここでは、愛媛県のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

愛媛県の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
築年数ごとの成約実績構成
人気のリフォーム上位5箇所

1風呂・浴室


2トイレ


3キッチン


4洋室


5洗面所

最新のリフォーム見積比較実績

施工地
最高値
最安値
愛媛県新居浜市
326,000
326,000
愛媛県松山市
7,200,000
7,000,000
愛媛県松山市
1,500,000
993,600

※これらのデータは、実際にリショップナビで一括見積もりをした方のアンケートによるものです。

愛媛県のリフォーム市場概況

愛媛県でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は1,799社で、周辺地域と比較して業者数が多い地域と言えます。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた愛媛県のリフォームに関する相談は年間で71件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

愛媛県の市区町村からリフォーム会社を探す

愛媛県の近くの地域を見る

愛媛県の人口は138.18万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には139.43万人だったので、前回と比較して、-1.26万人となっています。
また、愛媛県の持ち家率は67.12%で、全国平均(62.32%)よりも高いです。

愛媛県では、1991 〜 2000年が最も多く、次いで1981 〜 1990年、1971 〜 1980年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

愛媛県の充実したリフォーム支援事業を活かして住まいのリフォームを

愛媛県は、3000年の歴史を持つ道後温泉や松山城が有名で、独自の自然や文化施設があり、毎年、各地で様々なイベントが行われています。
不動産の取引は、愛媛県の場合、他の地域と比べると活発に行われていますが、住宅の取引件数はほぼ横ばいで、築年数20年以上のマンションで、3LDK以上の物件が多く取引されています。
ここ2年で見ると全体的に住宅価格も上昇し、ここ数年が住宅価格の底値になりそうと見られています。

愛媛県の松山市は、最近の町村合併により人口は50万人を突破し、四国の四県では一番多い人口となっています。
気候も温暖で台風もさほど大きなのは来ず、雪もあまり降らないので風水害が少ない地域です。
高島屋と三越のデパートがあり、商店街も活気はあることから、住むのには大都会とあまり変わりません。
また、日本の政令指定都市・県庁所在地・中核都市の中で最も家賃が安い都市としても知られています。
 
愛媛県は、住宅リフォーム支援事業を展開しています。
県民の円滑な住宅リフォームを支援するため、平成18年5月からスタートしたものですが、平成24年4月から内容を見直し、リフォームかし保険を利用したリフォームを行う際の資金について優遇措置を講じる金融機関を紹介する「リフォーム融資紹介事業」及び「リフォーム相談・情報提供サービス」の2つの事業を柱とする新しい制度に生まれ代わりました。
リフォームに関する情報提供や相談体制の整備とともに、安心してリフォームを行うことができるリフォームかし保険の推進を中心とした事業となっています。

リフォームかし保険は、リフォーム時の検査と保証がセットになった保険制度で、住宅専門の保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人)が保険を引き受け、リフォーム工事の施工中や工事完了後、第三者検査員(建築士)が現場検査を行うことで、質の高い施工が確保されます。
工事に欠陥が見つかった場合、補修費用等の保険金が事業者(事業者が倒産等の場合は発注者)に支払われ、無償で直してもらうことができるので安心です。

お住いのお掃除・DIY体験記


柱や階段をお酢を入れた水で拭くだけで綺麗に掃除

愛媛県で中古の一軒家に3年前から住んでいます。壁はクロスを張って綺麗なのですか、柱と階段は古いままで艶もありませんでした。そこで掃除の方法ですが、バケツに水またはぬるま湯を入れてその中に200ccほどのお酢を入れて良く混ぜます。雑巾を濡らして良く絞ります。あとは柱や階段をその雑巾で拭くだけです。汚れもきれいに取れてしかもツヤツヤになります。バケツの中は多少お酢の匂いがしますが拭いた後の柱や階段は全くお酢の匂いは残りません。お酢は食べられる物なので、有害物質等の不安も無く安心してお掃除することが出来ます。皮膚の弱い方はゴム手袋を着用することをお勧めします。年に2回から3回この方法で掃除をすればあとは簡単にモップがけだけで十分です。
賃貸物件の床をクッションフロアにセルフリフォーム

賃貸物件のキッチン床が汚く、拭いてもキレイにならないので、クッションフロアを貼ることにしました。部屋のサイズをメジャーで正確に計測してから、近くのホームセンターにクッションフロアを買いに行きました。幅は180センチのものが50センチ刻みで売られていました。柄はウォールウッドのものにして合計5メートル分購入しました。両面テープも必要になりますが、賃貸なので元に戻す必要があることも考慮して、キレイに剥がせるフロア用のテープを必要分購入しました。テープをケチると浮きが生じることがあるので30センチ間隔でで貼れる分を購入しました。床をキレイに拭いてから両面テープを貼り、クッションフロアを貼りました。継ぎ目や端っこの処理に注意してキレイに仕上げることができました。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.