吹き抜けを塞ぐ・部屋に変更するリフォームは可能?費用・実例・注意点

リビングや玄関の「吹き抜け」は、開放感があっておしゃれに見えるのが魅力。でも、実際に暮らしてみると、エアコンが効きにくかったり、部屋数や収納スペースが足りなかったりと不便なこともありますよね。そんな吹き抜けを塞ぐ・潰すような工事や、ロフト・納戸などの新たなスペースを作るリフォームは、可能なのでしょうか?費用の問題や注意点、リフォーム実例なども含めて、詳しくご説明します。

吹き抜けを、部屋や納戸にリフォームできる?

吹き抜けに対して不満に感じることが多いのは、エアコン効率の悪さ。
また「音が筒抜けになるのが気になる」「掃除が大変」という悩みがある方も、きっと多いはず。

あるいは「子供部屋が欲しい」「自分の書斎が欲しい」「収納スペースを増やしたい」などの理由で、吹き抜けのリフォームを考える方もいらっしゃるでしょう。

ただ、何もない空間に後から床を貼ることはできるのか、収納を増やせるのか、と疑問に思われるかもしれませんね。

結論から言うと、吹き抜けの部分を塞いで床を作ったり、部屋や納戸に変更したりするリフォームは可能です。
ただし、居室として使うのか、ロフト(屋根裏収納)として使うのかによって、確認申請の有無や費用の相場は変わります。

続いては、その具体的な点について見ていきましょう。

吹き抜けを部屋に変更する時は、確認申請が必要?

吹き抜けを部屋に作り替えると、床面積が増えて増築(増床)扱いされるため、条件によっては確認申請が必要になります。

必ず申請しなければならないのは、防火地域や準防火地域に住んでいる方です。

また、それ以外の地域でも、床面積が10㎡を超える増築の場合は確認申請が必要です。

ただし、どのケースでも最初に注意すべきなのは、建物の容積率。
敷地面積に対して、延べ床面積の占める割合が決められた上限を超えてしまう場合は、それ以上増築をすることはできません。

細かい計算や確認申請の手続きは難しいので、建築士が在籍しているリフォーム業者にお願いすると確実です。

>> 増築リフォームの費用相場!確認申請は必要?
>> 確認申請が必要なリフォーム工事や申請費用とは?

ロフトなら、”増築扱い”にはならない?

小さな部屋や収納スペースを追加したいだけであれば、ロフト(屋根裏収納)でも十分かもしれません。

建築基準法において「ロフト(屋根裏収納)」と見なされるのは、原則として、天井高が1.4m以下で、ロフトが存する階の床面積の2分の1未満に収まる大きさです。

この他にも細かい基準がありますが、それら全てを満たしていれば、床面積や階として計算されないため、固定資産税が増加せず、確認申請の対象にもならない可能性があります。

ただし、ロフトや屋根裏収納の基準・定義は自治体によっても異なりますので、念のために自治体の窓口や、地元のルールに詳しい業者に確認してみましょう。

また、吹き抜けの高さによっては、使いやすいサイズのロフトを作れないこともあるでしょう。
その点も含めて、まずは業者に現地調査をしてもらった上で相談するのが確実です。

吹き抜けを塞ぐ工事が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

吹き抜けを部屋に変更/ロフト新設するリフォームの費用相場

吹き抜けをどんなスペースにリフォームするかによって、費用にもかなりの違いが生まれます。
基本的には、予算50万円以上を見込んでおくとよいですが、工事の内容ごとの大まかな相場について、解説しておきましょう。

床材を敷き、吹き抜けを塞ぐだけの工事

居室として仕切らず、床材を敷くだけの場合にかかる費用は、15~60万円くらいです。

大人が広々と使える個室にはならないため、ごく狭いロフトなどにしか活用できませんが、比較的工事に手間がかからず、費用も安く済みます。
「エアコン効率を上げたい」「音の反響を防ぎたい」など、吹き抜けを塞ぐことを一番の目的にする場合にも最適です。

活用しやすい部屋・ロフト(屋根裏収納)・納戸にする工事

壁やドアなどで仕切った部屋や、収納力の高いロフト・納戸などにする場合は、工事の内容によって費用にも差が出るため、相場も50~550万円と幅広い価格帯になります。

施工面積や、内装をどの程度こだわるか、電気工事も実施するか、さらに耐震補強がどの程度必要かといった点で、料金が変わってきます。

予算はもちろん、仕上がりにも納得できるよう、最初に具体的な要望を業者にしっかり伝えることが肝心です。

吹き抜けを部屋や納戸に増築・リフォームした実例

緻密に計算されたリフォームなら、吹き抜けがあったことを感じさせないほど自然な仕上がりになります。
また吹き抜けを塞がずに、上手に有効活用できる工事の仕方もありますよ。

参考までに、当サービス『リショップナビ』に加盟している施工業者が、吹き抜けをリフォームした実例をご紹介しましょう。

事例1
吹き抜けを活用し、納戸を造作

リフォーム費用 110万円
工事期間 30日
築年数 10年
「収納を増やしたい」というご要望にお応えし、吹き抜けを活用しつつ、玄関に大容量の収容スペースを設置した事例です。
既存の窓も残して採光性をキープできるよう、窓の形状に合わせた特注の凹型収納になりました。階段下にも収納スペースを増設しています。

>> この事例の詳細はこちら

事例2
吹き抜け&和室を、リビング・ダイニングへリフォーム

リフォーム費用 190万円
工事期間 30日
築年数 6年
和室と吹き抜けのスペースだった2階部分を、おしゃれなリビングダイニングに大幅リフォーム。
ロフトを新設し、以前ダイニングがあった1階も収納場所として活用することで、広々した空間が誕生しました。

>> この事例の詳細はこちら

使い勝手がイマイチだった吹き抜けも、リフォームの仕方によっては快適な空間に生まれ変わります。
費用などが不安な方は、予算の範囲内でどのような施工ができるのか、まずはリフォーム会社と相談してみましょう。

ご家族皆が使いやすい、素敵なスペースにリフォームできるといいですね!

吹き抜けのリフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> ロフトのメリット・デメリット、リフォーム費用・注意点
>> クローゼットリフォームの種類・費用・注意点
>> 吹き抜けのある家のメリット・デメリット・注意点

更新日:2019年5月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームのおすすめ記事

  • おしゃれで落ち着く書斎にリフォーム!費用相場・レイアウト実例14選

    家族と暮らしていても、自分だけのスペースは欲しい。おしゃれで落ち着く自分の書斎を持つことができたら……考えるだけでワクワクしますね!じっくり本を読んだり仕事をしたり。1人でいることができて集中できるスペース、そんな贅沢な空間を持てたらとても素敵ですよね。今回は素敵な書斎のレイアウト例を参考に、リフォームの仕方や費用相場をご紹介します。

  • 間仕切りリフォームの種類と費用

    間仕切りリフォームを行うと、家の中の使い勝手が格段に良くなります。子供が成長して個室が必要になった、パソコンを使えるようなパーソナルスペースが欲しいなど、大掛かりなリフォームをするほどではないけれど、新しい部屋を作りたいという計画をしている方は意外と多いものです。そんな時は、今ある部屋に間仕切りを作ってみましょう。必要に応じて簡単に部屋を分けたり、完全な個室にしたりと、いろいろな方法がありますよ。間仕切りリフォームの種類と費用について、詳しくご紹介します。

  • 子供部屋の壁紙リフォーム実例19選!張り替え費用・選び方まとめ

    子供部屋の壁紙を張り替える際には、クロスの機能や、色・コーディネートの仕方について、配慮することが大切です。汚れ対策はどうするか、男の子と女の子で色を分けるべきか、など悩んでしまいますよね。今回は、子供部屋の壁紙の選び方やアクセントクロスを使う場合のポイント、リフォーム費用について、おしゃれな画像付きでご紹介します!

  • 洋室(子供部屋・寝室)リフォームの費用相場・事例【戸建て・マンション】

    洋室リフォームの費用相場をご紹介しています。洋室は、子供部屋・寝室(ベッドルーム)・書斎として使用されることが多く、それぞれの用途にあわせてより快適な空間にするためのリフォームがされています。最近増えている、和室を洋室に変更するリフォームが、洋室リフォームの中でも最も高額になる傾向があります。使用する素材などによって大きく金額がかわりますが、実例を参考にリフォーム費用相場をつかみましょう。

  • 【要確認】間取りの失敗例5つ!リフォームで気をつけたいこと

    リフォーム時に一番気をつけたいのが、理想のイメージと実際のできあがりに差が生まれてしまうことです。良いイメージばかりが先行してしまい、実際に暮らしてみたら不便で仕方がないなんていうことも。もしそうなったら後悔してしまいますよね。今回は、大小問わずリフォーム時の間取りの失敗例をいくつか挙げてみたいと思います。リフォームを検討されている方は、チェックしてみてください。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.