雰囲気を変える/ソファを綺麗に保つためにも◎ソファーカバーが便利です!

雰囲気を変える/ソファを綺麗に保つためにも◎ソファーカバーが便利です!

ソファーは、部屋の中でも特に目立つ家具です。傷んでいては、せっかくのインテリアが台無し。しかし、摩擦や紫外線によって劣化することは避けられません。そんなときは、ソファーカバーをおすすめします。部屋のイメージチェンジにもなって気分も明るくなるでしょう。

覆うだけだから簡単

雰囲気を変える/ソファを綺麗に保つためにも◎ソファーカバーが便利です!

覆うだけのフラットカバーは簡単です。
お気に入りの柄でソファの大きさに合う布を用意すれば完了。
ずれて困るときは、背面で紐やゴムを使って留め、余分な生地を座面と背もたれの間に押し込んでみましょう。  

ソファーカバーの作り方

こちらでは、簡単に作る方法をご紹介します。

<材料>
紐またはリボン
4枚の生地を次のように使います。

1枚目:床→座面(クッションははずして)→背もたれ→背面まで縦方向に覆う
2、3枚目:アームの上にかけて、床まですっぽり覆う。
4枚目:座面(クッション)にかける。

できれば、生地は大きめに用意し、ソファーに直接かけて立体裁断しましょう。

裁断ができたら、クッションをはずして、1・2・3枚目の生地をソファーのそれぞれの場所にかけます。(クッションが外れないソファーは、座面と背もたれ・アームの間に生地を押し込みます。)

背面は、壁との間に挟みます。
壁に付けない場合は、前面の生地と紐やリボンで結びます。タッカーで留めると、さらに簡単です。

最後に、クッションを乗せ、4枚目の生地をかけます。
アームの前面で生地を集め、紐やリボンでまとめて完成です。
たっぷりとした裾が、ゴージャスですね。

作るのはちょっと……という方には

ソファーにぴったりフィットしたカバーもあります。
伸縮性のある素材で、着脱も楽々。
ディノスやニッセンなど、大手の通販でも取り扱いがあるので、安心して利用できます。

オーダーメイドできます

特殊な形や大きさだから既製品では合わない……という方は、オーダーメイドすることもできます。
実際にソファーを見ながらあつらえるため、お住まいの地域でお店を探す必要があります。
家具店や手芸店に相談すれば、紹介してもらえるかもしれません。

ストレッチ素材でなら、WEBで完結するオーダーメイド店もあります。
幅や高さなどのサイズを測り、ソファーの写真を添えて発注します。

ソファーは高価なものです。
ペットやお子様がいるお宅では、傷んでからはなく、傷みを防ぐためにカバーをかけることをおすすめします。

汚れても自宅で洗濯できるものが多くあります。
洗濯機の手洗いコースが使える素材は、とても便利です。
また、暖かいフリースや肌触りのいいコットンなど、季節に合わせて素材に配慮すれば、リラックス感アップ間違いなしです。

更新日:2015年6月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソファーのおすすめ記事

  • ソファが決め手!お部屋の雰囲気を変えるソファの選び方

    部屋の中でどんな風に過ごしたいか、どんな雰囲気の部屋に住みたいか、友人を部屋に招くかどうか、部屋のインテリアを考える時いろんな事を思ってつい悩んでしまったりします。もちろん壁の色やカーペットも雰囲気を決める重要な要素ですが、意外にソファを決めれば雰囲気が決まることも多いのです。目的別にぴったりのソファを選んで居心地のいい部屋を作りましょう。

  • 部屋の雰囲気をガラッと変える”世界にひとつだけ”のカーテンをDIY

    お部屋の雰囲気に飽きてしまったので模様替えをしたい。でも、どこから手をつけたらよいかよくわからない……そんな時にはお部屋で大きな面積を占めるカーテンを変えると部屋が見違えるように変わります。最近は、既製のカーテンもバリエーションが豊富なので、あまり手を加えるイメージがないですが、窓のサイズや雰囲気に合わせてカーテンをDIYするのも、楽しいです♪今回はカーテンを手軽にDIYで変身させるコツをご紹介します。

  • 意外に合う?【和室×ソファー】コーディネートのポイント

    和室にソファ……ちょっと合わせづらそう?いえいえ、そんなことはありません。ポイントとなる部分に気をつければ、和室でも雰囲気を壊さず、ちゃんとなじませることができます。今回は、和室にソファをうまくなじませるポイントについてご紹介します。

  • ソファーもベッドも使いたい!1台2役のソファベッドが優れもの♡

    ソファーベッドは、ベッドとしても使える便利なソファです。ソファベッドのメリットは、省スペースなこと。ソファとベッドを両方置くことができないワンルームやゲスト用の臨時ベッドとして、とても役に立ってくれます。ただ、デメリットもあり、本物のベッドと比べると、クッションがボコボコしたり、狭かったりと寝心地は落ちます。しかし、ベッドとして毎日使えるよう工夫されたタイプや、ソファとしての使用がメインのタイプなど、デザインはいろいろあるので、用途に合わせて、必要な機能を検討してみましょう。

  • これがソファの正しい掃除方法!ソファの素材別汚れ落としの方法

    ソファは人の手が触れる、使用頻度の高い家具ですので、必然的に汚れがつきやすくなります。毎日使うからこそきちんと掃除をして、長く綺麗に使いたいですよね。お客さんが来た時にソファに汚れやシミがあって恥ずかしい思いをしないためにも、ソファの正しい掃除の仕方を覚えておきましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.