家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

加盟希望はこちら▶

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

ご家庭の防犯対策を十分に行っていますか?実は空き巣の被害は、窓からの侵入が非常に多いんです。つまり、被害を最小限に留めるには、窓の防犯対策が重要だということ。さっそく有効な対策方法についてチェックしてみましょう!

更新日:2021年03月01日

泥棒は6割以上が窓から侵入する

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

警視庁の調査によると、泥棒の侵入口として一番多いのは「窓」であるとされています。
その数は、実に全体の6割以上。縁側・ベランダ・居室など、家中のありとあらゆる窓が侵入口になっているんですね。

また、この6割以上という数字は警察に連絡があった件数から割り出されているため、未遂に終わったものも含めると、さらに多くの窓が侵入口として狙われていることになります。

特に多いのはガラス破り

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

「我が家は窓にもしっかり鍵をかけているから大丈夫」という人は多いかもしれませんが、残念ながら鍵をかけるだけでは空き巣の被害を防ぎきることはできません。

実は泥棒が窓から侵入する際、一番多く利用する手段が「ガラス破り」なのです。

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

ガラスを割ってしまえば、外からでも簡単に鍵を外すことは可能です。
特に一戸建て住宅はガラス破りによって侵入されるケースが非常に多く、全体の6割以上という高い割合を占めています。

泥棒が嫌う窓とは

約70%の泥棒や空き巣は、侵入するまでに5分以上かかると、諦めて退却するという統計結果も出ています。

しかし通常の窓ガラスは、10秒程度で割れてしまうのです。
ガラスに片手が入る程度の穴をあければ、簡単に鍵も外せてしまいます。

防犯というと、戸締まりにばかり気を取られてしまいがちですが、窓を丈夫なものにするだけでかなりの防犯対策になると言えるのです。

防犯リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

窓リフォームでする防犯対策

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

それではここで、防犯のための具体的な窓のリフォームについて、確認してみましょう。

ガラス交換やシャッター設置による防犯対策は、防音や断熱の効果も同時に発揮してくれるので、この機会に合わせて考えてみても良いかもしれません。

防犯ガラス交換リフォーム

防犯用の窓ガラスには、「防犯合わせガラス」や「防犯合わせ複層ガラス」と呼ばれる種類があります。

「防犯合わせガラス」は、2枚のガラスの間に特殊フィルムを挟んだもので、万が一、外から衝撃を受けてもガラスが割れにくいという特性を持っています。

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

一方、「防犯合わせ複層ガラス」は室外側にもう一枚のガラスを加えたものです。
防犯合わせガラスよりも、さらに防犯性が高くなります。

防犯リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

面格子設置リフォーム

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

窓を外側からしっかりガードする面格子は、見た目にも侵入しづらい家だというアピールになります。
浴室・洗面所・トイレなど、裏手にある窓に取り付けておきたいですね。

最近では、洋風の住宅にぴったりのおしゃれなデザインも揃っています。

さらに、ネジの取り付け部が見えないように、ブラケットカバーを付けられる、防犯用の格子もあります。
2階のトイレなどの小窓からの侵入例もあるので、小さな窓にも格子をつけた方が安全です。

防犯リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

シャッター設置リフォーム

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

シャッターの取り付けも、窓の防犯対策を高める非常に有効な手段の一つです。

施工が簡単で後付けも可能なので、どのような窓にも対応できます。
中にはルーバー(羽根)付きのタイプもあり、夏の時期でも戸締まりと通気の両方ができるようになっています。

>> 雨戸・窓用シャッターの種類・価格・注意点

破れない・切れない網戸リフォーム

近頃は、ナイフやハンマーでも切れない網戸も防犯リフォームの主流になりつつあります。
高強度なステンレスワイヤー製の網戸は、しっかりロックさえしておけば不審者の侵入をシャットアウトできるでしょう。

窓をあけたまま寝たい夏などに特に活躍します。
マンションのベランダの窓にも設置しておくと良いでしょう。

防犯リフォームにかかる費用と日数

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント
防犯リフォームをする際にどの程度の費用がかかるかは把握しておきたいでしょう。
防犯リフォームにかかる費用の目安は以下となります。

・センサーライトの設置:1個あたり3,000円程度
・防犯カメラの設置:1台あたり1万円程度
・玄関ドアの鍵の交換:1個あたり1〜2万円程度
・インターフォンの交換:3〜10万円程度
・窓に防犯器具を設置:7〜25万円程度
・フェンスや塀の設置:8〜50万円程度

施工面積や業者によって価格は変動するため参考程度に考えてください。

防犯リフォームにかかる日数は、センサーライトや防犯カメラといった簡単な器具の設置であれば1日で終わります。
一方で、フェンスや塀の設置となれば2日〜1週間程度かかるでしょう。

そもそも防犯リフォームのメリットとデメリットは?

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント
防犯リフォームのメリットとデメリットを改めて把握しておくことは重要です。
デメリットが大きいと感じる場合は、どこまで防犯器具を設置するかによって利用のしやすさの調整ができるためです。

防犯リフォームのメリットは、取り付ける器具によって異なります。
なお、すべての防犯リフォームに言えるデメリットがひとつだけあります。
工事費用がかかることです。

窓を防犯にするメリットとデメリット

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント
窓を防犯にする方法として、シャッターや面格子の設置があります。
メリットは、外から見えなくしたり、侵入を阻んだりできる点です。

デメリットは、シャッターの場合だと上げ下げする手間がかかること、面格子だと火災時に邪魔になって逃げられない恐れがあることです。

センサーライトや防犯カメラを設置するメリットとデメリット

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント
センサーライトのメリットは「この場所は目立つぞ」と侵入者に伝えられることです。
侵入者はできるだけ目立ちたくありませんので、センサーライトがあるだけで夜に侵入される心配が少なくなるでしょう。

防犯カメラのメリットは、記録できることです。
侵入者からすると、盗みに成功したとしても記録されて捕まっては意味がありません。
カメラがあるだけで侵入をためらわせることが可能です。

センサーライトのデメリットは、明るすぎて近所迷惑になる恐れがあることです。

防犯カメラのデメリットは、撮影範囲が狭い点です。また、撮影場所におけるプライバシーがなくなることも悩みどころでしょう。

玄関ドアやインターフォン、錠前などを交換するメリットとデメリット

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント
玄関ドアや錠前を交換するメリットは、新型にすることで防犯性を高められる点です。
また、インターフォンを交換するメリットは、マイクやカメラを新たに付けられる点でしょう。

錠前を交換するデメリットは、現在使っている鍵が使えなくなる手間が発生する点です。
玄関ドアやインターフォンの交換におけるデメリットは、費用以外は基本的にありません。

フェンスや塀を設置するメリットとデメリット

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント
フェンスや塀を設置するメリットは、敷地外から住宅内を見られる心配が減ることです。
門以外を道路から完全に見えなくすることも可能です。

デメリットは、敷地内から外が見えないことです。
景色を楽しめないだけではなく、フェンスや塀のすぐ外に怪しい人がいても気づかない恐れがあります。
また、フェンスや塀は劣化していくため定期的なメンテナンスも必要です。

実際に防犯リフォームを実施した事例

窓以外の防犯リフォームをした事例を紹介していきます。
防犯リフォームを検討している方はぜひチェックしてみましょう。

門扉の設置で防犯を強化した事例

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント
住宅を購入したものの、門扉がなくて防犯面などを考えて設置した事例です。
住宅全体との親和性も考慮したデザインで設置することができました。
施工日数は2日です。

窓にシャッターや面格子を設置した事例

家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント
窓の防犯面に不安があったため築10年のアパートにシャッターと面格子を取り付けた事例です。
サッシ周辺に邪魔になる部材がなかったため工事費は35万円程度に抑えられています。
施工日数は1日です。

ガラス一枚で室内と外を隔てている窓は、泥棒からすれば格好の侵入口です。
自分の家が標的にならないよう、しっかり防犯対策をしておきたいですね。

【この記事のまとめ&ポイント!】

泥棒や空き巣被害では、どのような方法で侵入されることが多い?
最も多いのが、建物の窓ガラスを割る「ガラス破り」による侵入です。
特に一戸建て住宅では、ガラス破りで侵入される例が全体の6割以上を占めています。
「泥棒や空き巣が嫌う窓」とは?
約7割の泥棒・空き巣は、5分以上かかっても侵入できなければ諦めて退却するという統計結果があります。

ただ通常の窓ガラスは10秒程度で割れてしまうため、窓・ガラスを丈夫なものにすることが、防犯対策をする上で非常に重要と言えます(詳細はこちら)。
「窓の防犯対策のリフォーム」には、どのような種類・方法がある?
主に「防犯ガラスに交換する」「面格子を設置する」「シャッターを増設する」「破れない・切れない網戸にリフォームする」といった方法があります。

防犯リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

窓・サッシのおすすめ記事

  • そこから見える景色もインテリア♪窓を主役にした部屋のつくりかた!

    建物には欠かせない窓ですが、こだわりや愛着を持つ人は少ないかもしれません。でも実は、窓一つ変えるだけでお部屋の雰囲気や明るさがガラッと変わるほど、重要なパーツなのです。今回はこの窓のデザイン例をご紹介します。見ればお家の窓に採用したくなるのでは。

  • 風通しや採光を左右する"窓"の種類についてきちんと知っていますか?

    家の中に光や風を取り入れるための窓。いろいろな形のものがあることはなんとなく知っていても、それぞれの種類や特徴をきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか?実は窓には種類や素材によって様々な利点があるんです。

  • 窓・サッシリフォームの費用とポイント

    窓・サッシリフォームは、結露防止や部屋の断熱性を高めるなどの効果があります。窓の使いやすさを改善したいときだけではなく、風通しの改善や防音・防犯、家の耐震性の強化についても、窓リフォームで解決できることがあります。目的によって、適切な工事やかかる費用・工期が変わるため、悩み別の窓リフォームの内容を知っておきましょう。窓・サッシリフォームの種類と価格・工事期間の目安、そしてよくある窓リフォームの失敗例と対策をご紹介します。

  • 内窓(二重窓/二重サッシ)リフォームの価格・おすすめ品!補助金や施工例もご紹介!

    「部屋の防寒対策をしたい」「窓の結露がひどい」「エアコンの効きが良くない」「道路の騒音がうるさくて眠れない」といった悩みはありませんか?内窓(二重窓・二重サッシ)を設置するリフォームで、断熱性や防音性の他、防犯性などが格段に上がる効果が期待できます!今回は「内窓を後付け・追加する際の工事費用」「一戸建て・マンションにおける施工例」「活用しやすい補助金/助成金(2020年度)」「補助金の対象となる、おすすめメーカー品(インプラス/プラマードUなど)の取り付け費用」「ガラスの選び方」などを解説します。

  • "窓の防音リフォーム" で静かで快適な家づくりを

    家でくつろぎたいときに、外から騒音が聞こえてきたら落ち着けないですよね。外からの音はほとんどが窓から入ってきているものなので、静かに暮らしたいなら窓に防音対策をするのが重要です。逆に、ピアノなど楽器の音やペットの鳴き声など自宅からの音漏れが気になる方も検討してみてはいかがでしょうか?

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。