車庫(ガレージ)の上に部屋/プレハブを作る費用や注意点!

車庫(ガレージ)の上に部屋/プレハブを作る費用や注意点!

特に、駐車場がある一戸建て住宅にお住まいの場合「車庫(ガレージ)の上に、部屋かプレハブを作りたい」「ビルトインガレージの上に部屋がある家にしたい」と考える方は多いはず。デッドスペースとなっている場所を有効活用できたら、素敵ですよね。ただ「そもそも施工は可能なのか」「工事費用がいくらになるか」という点は、気になるところ。また「車庫の上の部屋は寒い」という噂を聞き、不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、リフォームする際の価格帯や、注意点とその対策についてチェックしてみましょう。

車庫(ガレージ)の上に部屋/プレハブを増築することは可能?

車庫(ガレージ)の上に部屋/プレハブを作る費用や注意点!

最初に、車庫(ガレージ)の上に部屋やプレハブを増築できるかどうかについて、お話ししておきましょう。

広さや構造にもよりますが、基本的には「増築扱い」となり、建築確認(確認申請)が必要になる可能性が高いです。

(一般的には「防火地域・準防火地域での増築=面積に関わらず、確認申請が必要」となります。
その他の地域での増築=10㎡を超える場合は、確認申請が必要」ですが、地域によって建ぺい率や容積率などの基準が異なる可能性があるため、自治体の窓口で確かめておくのが無難です。)

また、たいていの場合は車庫部分の補強工事も行う必要があるでしょう。

まずは、施工の知識や経験がある業者に現地調査してもらうことが重要です。
確認申請のノウハウがあるスタッフに、そもそも工事が可能かどうかなども相談してみるとよいですね。

車庫(ガレージ)の上に部屋/プレハブを作る費用

車庫(ガレージ)の上に部屋/プレハブを作る費用

車庫(ガレージ)の上に部屋/プレハブを設置するリフォームの費用は、90〜600万円くらいです。
主に、400〜550万円ほどで施工できた例が多く見られます。

なお、増築した部屋部分にガス・水道や、断熱材なども施工する場合は高額になることが考えられます。

予算が気になる場合は、見積もりの際にリフォーム会社に確認しておくとよいでしょう。

部屋/プレハブの増築が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

車庫の上の部屋は寒くなりやすい?断熱・結露対策が大切

車庫の上の部屋は寒くなりやすい?断熱・結露対策が大切

既存の車庫やガレージの上に部屋を作る際には、断熱・結露対策を行うことが肝心です。

車庫がある1階部分は、大きな開口部を持つことから、外気とほぼ近い温度になりやすいです。
そのため断熱対策をきちんと実施しておかないと、特に冬場は床下から冷えてきて、2階の部屋がかなり寒い状態になってしまうでしょう。
とりわけ車庫部分にシャッターや扉がない場合は、より冷えを感じる傾向があるようです。

車庫の上の部屋は寒くなりやすい?断熱・結露対策が大切

また、1階の車庫と2階の部屋との間の温度差により、結露が発生する可能性も出てきます。
実際、床上に敷いたカーペットやふとんが濡れてしまったというご家庭もあるほどです。

上記のようなトラブルを防ぐためには、増築する部屋に断熱材をしっかり入れてもらいましょう。
車庫の天井部分・2階の床下部分は特に、断熱・機密性を高くすることが肝要と考えられます。

気がかりな場合は、リフォーム会社とよく話し合った上で工事プランを決めるとよいでしょう。
断熱リフォームや結露対策にも詳しい業者であれば、適切なアドバイスもしてくれるはずですよ。

不安な時は「部屋を作りたい」など業者に要望を伝える

不安な時は「部屋を作りたい」など業者に要望を伝える

なお、今回解説したような確認申請や寒さ対策などについて「面倒そうだな」「万一、寒い部屋を作ってしまうと後悔するかも……」と不安になった方もいらっしゃるかもしれませんね。
けれども「どうにかして部屋を増やしたい」などのお悩みがあれば、一度リフォーム業者に見てもらうことから始めてみましょう。

例えば、車庫の上に部屋を増築するのではなく「間取り変更で建物内の部屋数を増やす」など、別のリフォーム方法を提案してくれる可能性もあります。

不安な時は「部屋を作りたい」など業者に要望を伝える

ご家庭によって「物置き部屋が欲しいから、多少は寒くても構わない」「寝室にしたいから、断熱性のある部屋にしたい」など、部屋を作りたい目的も異なるはずです。
そのため、予算やご希望に合わせてどんな工事なら実施可能か、業者に一緒に考えてもらうとよいですよ。

使い勝手抜群で納得できる、新しい空間をぜひ作りたいですね!

希望に合わせて提案してくれる
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

リノベーションのおすすめ記事

  • 【工事箇所&6畳/10畳などの広さ別】家の増築リフォーム費用相場!確認申請や既存不適格などの注意点

    家の増築・建て増しのリフォームを検討したい時、最も気になることが「値段がいくら位になるのか」という点ですよね。また「確認申請や登記は必要?」「既存不適格の場合はどうしたら良い?」といった不安を抱えていらっしゃる方も多いでしょう。そこで、離れ・トイレ・ベランダ(バルコニー)などを増築する場合の、1畳あたりのリフォーム費用や、広さごと(2畳・6畳・8畳・10畳)の価格目安、リフォーム実例、活用しやすい補助金や減税制度、業者の探し方や注意点、増築できない場合の対策まで、まとめて解説します。

  • ビルトインガレージ増設リフォームの価格・費用!メリット・デメリットやシャッターの種類も解説

    ビルトインガレージ(インナーガレージ)のリフォームは「駐車スペースが欲しいけど敷地が狭い」「使っていない部屋があるから、ガレージにしたい」「大事な車を汚したくない」といった悩みがある方におすすめです。また、車のメンテナンスが趣味の方にもピッタリと言えるでしょう。今回は、ビルトインガレージの後付けリフォーム(増築する場合や、不要な部屋を減築してガレージにする場合)の値段についてご紹介します。シャッター・ドアの種類や、ビルトインガレージのメリット・デメリットも、リフォーム前にチェックしておきましょう!

  • 結露の原因・対策とは?窓サッシ・壁紙の結露を防止する方法8選

    気温が下がってきて暖房を使うようになると、窓ガラスや壁に現れる「結露」。掃除が大変なだけでなく、そのまま放置してしまうとカビなどのトラブルや、建物が劣化する原因に繋がることもあります。まずは結露が発生する理由を理解し、結露を防止するための対策を実践しましょう。手軽にできる方法から、おすすめのリフォーム・費用・注意点まで、まとめてご紹介します!

  • 主な断熱材9種類を比較!メリットやデメリット・おすすめのメーカー品は?

    築年数の長い住宅は断熱性が低いことが多く、冬の寒さが厳しいと感じることもしばしば。断熱リフォームをすれば快適さが大幅にアップしますが「内部結露が発生しやすくなる」「断熱材によっては効果がいまいち」といった口コミを目にし、不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか?一番重要なのは、断熱材の特徴を理解し、確かな技術を持つ業者に依頼することです。そこで今回は、主な断熱材9種類のメリット・デメリットや、断熱材を入れるリフォームの事例・費用、おすすめのメーカー品について、詳しくご紹介します。

  • 2階の増築リフォーム費用相場!施工事例や確認申請のポイントもご紹介

    二世帯同居を検討されたり、お子さんが大きくなったりなど、家族構成や暮らし方が変わってくる際に「2階の増築(建て増し)リフォーム」を考える方は多くいらっしゃると思います。けれどもやはり気になるのは「価格はどのくらい?」「そもそも増築できるの?確認申請は必要?」といったことではないでしょうか。そこで今回は、2階を増築して部屋・トイレ・バルコニー/ベランダなどを設置する際の費用相場や施工事例、確認申請の手順と費用、業者探しのポイント、増築が難しい場合の対策を、まとめて解説します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.