リクシルのユニットバス『リノビオ』の口コミ・価格!種類の違いや事例も一挙公開!

リクシルのユニットバス『リノビオ』の口コミ・価格!種類の違いや事例も一挙公開!

お風呂のリフォームで、機能性や見た目にこだわりつつ、費用はなるべく安く抑えたい。そんな条件を満たすユニットバス(システムバス)として選ばれることが多いのが、リクシル(LIXIL)の『リノビオ』シリーズです。イナックス(inax)のブランド名でも馴染みのある住設メーカーだからこその工夫点が多く、省エネや断熱性に優れ、デザインやサイズ展開も豊富。今回は、リノビオシリーズ(V/P/BYR/Fit)の違いや魅力、口コミ・評判、リーズナブルにリフォームできた施工事例まで、具体的にご紹介します。

(※記事内情報引用元:LIXILホームページより)

リクシルのユニットバス『リノビオ』シリーズの特徴

リクシルのユニットバス『リノビオ』の口コミ・価格!種類の違いや事例も一挙公開!
まずは『リノビオ』シリーズに備わっている特徴について見ていきましょう。
標準装備かオプションとして選択可能かはシリーズによって異なりますが、使いやすさに考慮した様々な機能が付いています。

省エネ性の高い「エコフルシャワー」

省エネ性の高い「エコフルシャワー」
心地よいシャワー感を維持しつつ、従来のシャワーに比べて最大で約48%(※スイッチ付き仕様の場合)の流量を節水できる「エコフルシャワー」。
シャワー穴の内部にある羽根車が、高速回転しながら穴の半分をシャットアウトする仕組みです。
水道代はもちろん、ガス代の節約にも役立ちますよ。

高断熱の浴槽「サーモバスS」

浴槽全体が保温材ですっぽりくるまれた「サーモバスS」は、快適なお湯の温度を長時間キープ。
フタにも保温材が用いられているため、ダブルの保温効果を発揮します。
4時間経過してもお湯が冷めにくいため、遅い時間に入浴するご家族がいる場合などに助かる機能と言えますね。

すっきりしたデザインの「キレイドア」

汚れにくさや掃除のしやすさを考慮した「キレイドア」は、ホコリがたまりやすいドアの下部が平らに設計され、換気口はタテ枠に埋め込まれています。
また、カビやすい浴室側のパッキンがなく、樹脂パネルとの段差もほぼフラットに。
簡単な拭き掃除で、さっとキレイになる工夫がいっぱいです。

お手入れ簡単「くるりんポイ排水口」

「くるりんポイ排水口」は、排水時の水流を利用して清潔感を保つ独自の設計が特徴。
浴槽のお湯を抜くと水流が排水口でうずを巻き、「ヘアキャッチャー」に溜まったゴミがきれいにまとまります。
まとまったゴミはヘアキャッチャーごと外して捨てるだけ。
うずの力で排水口内が洗浄されるため、ぬめりが付きにくいというメリットもありますよ。
また、排水口自体も従来型に比べてシンプルな構造になっています。
奥まで手が届くため、簡単に排水口の掃除ができるようになりますよ。

汚れ・冷えに強い床「キレイサーモフロア」

「キレイサーモフロア」は、Vシリーズ(標準装備)・Pシリーズ(オプション)が対象の床材です。
床の表面に、皮脂汚れを弾く「撥油基」と水になじむ「親水基」の成分があり、皮脂汚れが水で落ちやすい構造になっています。
溝が浅く、掃除が楽なのも嬉しいポイントです。

また、内部の断熱層が足裏から熱が逃げるのを防ぐため、冷たさを感じにくい仕組みに。
冬の冷え対策に有効ですね。

おしゃれな壁パネルも人気

おしゃれな壁パネルも人気
リノビオシリーズの壁パネルは、カラーも柄も種類が豊富です。

ベーシックな白系やパステルカラー系などはもちろん、天然木の風合いを再現したウッド調、天然石の模様が個性豊かな石目柄、さらにはリーフ模様などの多彩なパターンをあしらった抽象柄など、個性も豊か。
壁パネルの選び方によって、浴室の雰囲気も大きく変わります。
お風呂のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

『リノビオ』シリーズの口コミ・評判は?

ここで、リクシルのリノビオVやリノビオPをお使いの方を対象に実施したアンケートの内容を見てみましょう。

最初に「浴室(ユニットバス)を選ぶにあたり、最も重視した点は何ですか?」という質問をしたところ、下記のような回答結果になりました。
『リノビオ』シリーズの口コミ・評判は?
わずかな差ではありますが、「サイズ」や「清掃性」を特に重視されている方に適した製品と言えそうですね。

なお、最終的に決め手となった点や、実際の使い勝手などについても具体的に伺ったところ、以下のような感想をいただきました。
比較検討した商品はありますか?また、リノビオにした決め手はどういった点ですか?
●リノビオVに一目惚れしたので、他は比較検討しませんでした。浴槽の質感、サイズ、丸洗いカウンターを気に入って購入しました。
●比較検討は特にはしなかったがリフォーム業者に相談して、換気がよく掃除がしやすい、足を伸ばして入浴したいなどのリクエストをしたらリノビオVを勧められた。
●TOTOのサザナと比較検討しました。リノビオVの方が汚れが付きにくく、掃除もしやすいと感じたため、経済的にも環境的にもリノビオVの方が良いと思いました。
●TOTO、タカラ、パナソニックなど同等品で見積もりを依頼した中、1番最安値のLIXILに決めました。
●TOTOの「ひろがるWGほっからり床シリーズ」と迷いました。ですが、機能性というよりも、リノビオVのデザインがとても気に入って、こちらを選びました。
●浴室関連はLIXILさんが良いと知人やネットの口コミで知っていたので、LIXILさんのものなら間違い無いと思い、その中でも人気が高かったリノビオシリーズにしました。
●リノビオシリーズの中では検討しましたが、他の業者のシステムバスは比較していません。リノビオシリーズの中で、リノビオVを選んだ理由は「コスパ」です。人造とはいえ、大理石の浴槽に木目の壁など、見た目がとても高級感があり、値段が思っていたより安かったので、リノビオVに決めました。
以前使用していた浴室と、リノビオシリーズとの違いを教えてください。
●同じサイズとは思えないくらい広々している。足も伸ばして入浴できるし、掃除も楽になった。浴室の乾きが早いのも嬉しい。
●以前と同じ間取りでも断然広々と入浴出来る様になりました。バスタブの広さはもとより洗い場も大分広くなったため子供と入るにも助かります。
●リノビオVに変えてからは、浴室や浴槽の掃除をすることが少なくなりました。そのおかげで、水道代を安く抑えることができました。リノビオV導入前に比べて12000円/年ほど安くなりました。
●とにかく浴槽の質感違います。丸洗いカウンターだから、掃除もしやすくて便利です。リフォームして良かったです。
●隅々までタイルが洗いやすくなったので、風呂掃除が楽になり、以前まではなかなか落ちなかった、湯垢でベタベタな感じもなくなり快適に入浴できています。
●以前の浴室は全面タイル張りだったのですが、リノビオPにして掃除がとても楽になりました。浴槽を1200から1600タイプにしたのでゆったり浸かれて最高です。
●床が冷たく感じなくなったのが一番良かったと思いました。昨今、ヒートショックが話題になっているので、その抑止に少しでもなるかと思います。また、掃除のしやすさもポイントでした。
リノビオシリーズの気に入っている点、また、不満な点があれば教えてください。
●浴槽が広い点が1番気に入っています。他の浴槽にあるような無駄な配管を取り除いているらしく、そのおかげで広々と使えてとても快適です。
●リノビオVの浴槽は汚れがつきにくいので、小さい子供でも安心して浴槽に入れることができるのが、魅力的だと感じています。一方で工事費用が高いのが不満に思っている点です。
●浴槽が低く作られているので子どもも入りやすい。棚など作り付けの部品の掃除がしやすい。不満なところは排水溝の受け部分が常に水に浸かっているので毎日洗わないとすぐにカビが生える。
●リフォーム前だと、冬場は床面がタイルだったのでかなり冷たく、入る前に浴槽の湯を1度床に撒いて、少ししてから入浴していましたが、リノビオに変えてからは冷たさを感じないので良いと思いました。また、丸洗い出来るカウンターと髪の毛が集まりやすい排水口など、掃除する立場の母や私からするととても助かる作りになっています。不満な点としては、浴槽の栓がゴム栓でないことです。長年ゴム栓式の浴槽を使用していたので、私含め両親も湯抜きの際に戸惑います。
●リノビオVは、床も冷たくならないですし、浴槽や壁に手すりがついているため、立ち上がりもしやすくなっています。人造大理石ですが、耐熱性も良く、掃除する時も楽チンで助かっています。不満な点としたら、ボタン数が少ないこと。細かい設定をしにくいのが、少し難点かなと感じています。
●一番気に入っている点はデザイン性です。次に気に入っているのは、カウンター部分が広くてフラットなので、とても掃除がしやすい点です。不満点は、節水性はあまり感じていません。
●綺麗な光沢で、気持ちよく入浴できます。ワイド浴槽を使っていますけれど、まくら部に頭を乗せて毎日ゆったり入浴してリフレッシュしています。
色々なご意見が見られますが、サイズ感やデザイン性、掃除のしやすさなどに満足されている方が多いようですね。

機種やオプション選びなどで悩む場合には、リフォーム業者に「もっと広々と入浴したい」「手入れが楽なお風呂にしたい」などのご希望を伝え、最適なプランを提案してもらうとよいでしょう。
お風呂のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リノビオシリーズが浴室リフォームで主流!その理由は?

リフォームにリノビオシリーズを選ぶ方が多い理由には、浴室のサイズに柔軟に対応できるという点も挙げられます。
続いては、その施工性の高さに注目してみましょう。

狭い浴室のリフォームでも施工しやすい

リノビオシリーズは元々、マンションの浴室リフォーム用に開発されたユニットバスです。
そのため、浴室を広く見せるための工夫が多く、コンパクトサイズの製品もそろっています。

後ほど詳しくご紹介しますが、『リノビオFit』や『リノビオBYR』などは、狭い浴室にも入るよう設計されているため、広さでお悩みの方にもぴったりですよ。

お風呂を拡張・サイズアップしたい場合にも向く

お風呂を拡張・サイズアップしたい場合にも向く
『リノビオV』では、配管の形状を工夫することによって、壁裏の配管スペースの無駄をなくしています。

その分、洗い場や浴槽のサイズがアップするため、リフォーム後は浴室が広く感じられます。
壁の位置を変えずにお風呂場を広くしたい場合に最適です。

一戸建てのリフォームにも対応可能

リノビオシリーズはマンションリフォーム用のユニットバスですが、一戸建ての浴室にも施工が可能です。

後述のリフォーム事例でもご紹介しますが、古いユニットバスとの入れ替えだけでなく、在来工法の浴室リフォームに採用できるケースもありますので、ご興味がある方は、まずはリフォーム業者に相談してみるとよいでしょう。

お風呂のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リノビオシリーズの種類・サイズ比較!VとPなどの違いは?

リノビオには現在4つのシリーズがあります。
ここからは、代表的な『リノビオV』や『リノビオP』、そしてコンパクトな浴室にも合う『リノビオBYR』や『リノビオFit(フィット)』、それぞれの特徴をご紹介しましょう。

なお、以下に記載する料金は、メーカー標準仕様価格(税別)です。
オプションの追加料金が加算される場合や、施工会社による割引が適用されることも多いので、最終的にかかるリフォーム費用の総額については、見積もりの際に業者に確認してくださいね。

リノビオV

リノビオV
『リノビオV』は、ルフレトーン(人造大理石)浴槽が標準装備された、高級志向のシリーズです。

浴槽のカラーは、ホワイト・ブラック・ベージュなど全6色。
さらに形状も、ロング浴槽、ワイド浴槽など7種類から選べます。
リノビオV
また、「エコフルシャワー」以外にも、大粒の雨のような浴び心地の「レインO2シャワー(ユーフォリア)」、真上から降り注ぐ「フルフォールシャワー」など、シャワーの選択肢も豊富です。

【リノビオVシリーズ 基本情報】

対応サイズ
1116・S1216・1216・W1216・1218・1316・W1316・1317・1416・1418・1616・1620
メーカー標準仕様価格(税別)
78.6~152.9万円
リノビオシリーズが気になる!
リフォーム会社と相談したい/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リノビオP

リノビオP
『リノビオP』は、FRP浴槽を標準装備した、コストパフォーマンスに優れるシリーズです。

浴槽のカラーはホワイト・ベージュ・グリーン・ピンクの4種類。
壁パネルとの組み合わせで、多彩なコーディネートに仕上がりますよ。

さらに「キレイドア」や「サーモバスS」なども標準装備されているため、掃除のしやすさや断熱性にも優れます。

【リノビオPシリーズ 基本情報】

対応サイズ
1116・S1216・1216・W1216・1218・1316・W1316・1317・1416・1418・1616・1620
メーカー標準仕様価格(税別)
64.7~90.1万円
リノビオシリーズが気になる!
リフォーム会社と相談したい/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リノビオBYR

リノビオBYR
『リノビオBYR』は、1116・1216サイズ専用のコンパクトなシリーズです。

標準装備されている浴槽は、FRPのホワイト。
装備がシンプルな分、価格も抑えられているのが特徴です。

キレイドアやくるりんポイ排水口(1216のみ)は標準仕様となっているため、掃除の手間はしっかり軽減されます。

【リノビオBYRシリーズ 基本情報】

対応サイズ
1116・1216
メーカー標準仕様価格(税別)
66.7~78.6万円

※主な機能の内、「キレイサーモフロア」は選択不可

リノビオシリーズが気になる!
リフォーム会社と相談したい/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

リノビオFit(フィット)

リノビオFit(フィット)
『リノビオFit(フィット)』は、広い洗い場や、業界最長の浴槽を実現したシリーズ。
1014・1115サイズなど、コンパクトサイズの浴室にも対応できます。

浴槽には、FRPのホワイトが標準装備されています。
リノビオFit(フィット)
業者が施工しやすいよう工夫されているのも魅力です。
浴槽と洗い場が2分割構造になっているため、浴室の出入り口が狭い場合でも、施工時の搬入や取り付けがスムーズに。
まさに、狭い浴室のリフォームにぴったりのユニットバスです。

他シリーズに比べるとオプションなどは限られますが「エコフルシャワー」や「キレイドア」などは採用できます。

【リノビオFitシリーズ 基本情報】

対応サイズ
1014・1115・1116・1216
メーカー標準仕様価格(税別)
43.4~61.3万円

※主な機能の内、「サーモバスS」「キレイサーモフロア」「くるりんポイ排水口」は選択不可

リノビオシリーズが気になる!
リフォーム会社と相談したい/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

『リノビオ』でリフォームした施工事例・価格・工事期間

最後に、当サービス『リショップナビ』の加盟業者が手がけた、様々なリフォーム事例をご紹介します。
施工費用や工期なども参考にしてくださいね。

【事例1】1416サイズに拡張リフォーム

リフォーム費用 51万円
工事期間 7日
住宅の種類 マンション
築年数 30年
1416サイズのリノビオを採用し、浴室をサイズアップしました。
ゆっくりとお風呂でくつろげるよう、壁には落ち着きのある茶色を、照明には少し暗めのものを採用し、目に優しいカラーで仕上げました。

【事例2】賃貸アパートの在来浴室を『リノビオP』にリフォーム

リフォーム費用 55万円
工事期間 3日
住宅の種類 アパート
築年数 50年
アパート2階のタイル張りの浴室より、階下に漏水していたため、浴室改修のご依頼をいただきました。
漏水箇所の床も工事した上で、ユニットバスへリフォーム。
『リノビオP』は、シンプルで低コストな施工をご希望の賃貸オーナー様にも適した製品と言えるでしょう。

【事例3】在来浴室から1216サイズの『リノビオV』に

リフォーム費用 64万円
工事期間 7日
住宅の種類 マンション
築年数 30年
老後も快適に過ごせるよう、リノビオの1216サイズを用いて、在来浴室からユニットバスへとリフォームしました。
細かな機能があり、清掃性にも優れているため、格段に使いやすくなりました。

【事例4】『リノビオV』&浴室換気乾燥暖房機の設置リフォーム

リフォーム費用 66万円
工事期間 3日
住宅の種類 マンション
築年数 -
中古のRC造マンションを購入されたお客様。「もっとおしゃれで、手入れのしやすいお風呂にしたい」というご要望でした。
使い方やお求めの機能などに合わせて一つずつ部材を選び、ショールームでカラーなどを決定。浴室換気乾燥暖房機も設置して、素敵な浴室へとリフォームできました。

【事例5】タイル張りだった浴室を『リノビオFit』でリフォーム

リフォーム費用 80万円
工事期間 5日
住宅の種類 一戸建て
築年数 -
タイル張りだった浴室から、ユニットバスの『リノビオFit』にリフォームし、快適な暖房機能も追加しました。
お風呂のサイズが小さくなってしまうことや、暖かさ・お手入れのしやすさが大幅に向上することをご説明した上で、施工を進めていきました。

【事例6】1216サイズからW1316サイズに拡張

リフォーム費用 90万円
工事期間 3日
住宅の種類 マンション
築年数 20年
「カビが気になっていて、お風呂が狭い」というお悩みを解消するため、キレイを保ちやすくお掃除が楽になる工夫もたくさん詰まった『リノビオV』にリフォームし、浴室を1216サイズ⇒W1316サイズと、目いっぱい広げるご提案をいたしました。

【事例7】タイル張りのお風呂を暖かく快適な『リノビオV』に

リフォーム費用 180万円
工事期間 10日
住宅の種類 一戸建て
築年数 45年
冬場寒かったタイル張りの在来浴室を『リノビオV』にリフォームしました。
汚れに強くお湯が冷めにくい高断熱浴槽、床の冷たさや汚れやすさを解決できるキレイサーモフロア、くるりんポイ排水口、浴室暖房乾燥機など、暖かさや掃除のしやすさを確保するための工夫が満載です。
価格がリーズナブルで機能面も充実している『リノビオ』シリーズ。
リフォームで人気が高い理由がおわかりいただけたでしょうか?

ぜひ『リノビオ』にリフォームしたいという方はもちろん、その他のユニットバスやリクシル以外のメーカーで迷っているという方も、違いに詳しいプロにアドバイスしてもらいながらじっくり決めてくださいね。
お風呂のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂・浴室のおすすめ記事

  • 【2020年版】ユニットバスのメーカー7社を比較!おすすめ商品の価格やリフォーム事例をご紹介!

    ユニットバス(システムバス)のリフォームの際には、どのメーカーがよいのか、迷ってしまうもの。各メーカーにどういった魅力があるのか、どの商品が売れ筋なのかなど、チェックしておきたいですよね。そこで、当サービス『リショップナビ』におけるユニットバスのランキングや、人気の「TOTO・リクシル・パナソニック・タカラスタンダード・トクラス(ヤマハ)・クリナップ・ハウステック」社のお風呂の特徴やおすすめ品をご紹介します!施工事例や、各おすすめ商品の工事費込みの価格も掲載しているので、参考にしてください!

  • タカラスタンダードのお風呂(ユニットバス)の価格・特徴・リフォーム事例を紹介!

    タカラスタンダードのシステムバス(ユニットバス)は、独自のホーロー素材を浴槽だけでなく、壁や床にも採用し、美しさ・耐久性・保温性、そしてお手入れのしやすさを実現させた、非常に人気の高い浴室です。また、梁や柱が飛び出ているような在来工法のお風呂でも、ぴったりサイズで施工することができるということも、タカラスタンダードの浴室の大きな特徴です。そこで今回は、このタカラスタンダードのシステムバスの機能・各商品(レラージュ・プレデンシア・伸びの美浴室他)の特徴・価格帯別のリフォーム事例をご紹介していきます!

  • TOTOの浴室/お風呂は高品質!ユニットバス(サザナ/シンラなど)のリフォーム費用・施工例・特徴

    TOTOのお風呂・浴室へのリフォームは、費用もリーズナブルで、マンションでも一戸建てでも大変人気があります。入り心地がよく、日々の掃除も楽なバスルームを実現できたら、毎日の暮らしがより快適で豊かになりそうですよね。今回は、TOTOのユニットバス(システムバス)の人気機能や「サザナ」「シンラ」「マンションリモデルシリーズ」といった主力製品のリフォーム価格・施工例・特徴について、わかりやすく解説します。

  • マンションのお風呂(浴室)おすすめリフォームの費用相場と期間は?

    マンションの浴室を長く使い続けていると、リフォームで手を加えたい部分が出てくるはずです。しかし、全てを居住者の自由にできないのが、マンションリフォームの面倒なところでもありますよね。価格や工期についても、ある程度把握しておきたいことでしょう。そこで、リフォーム費用・工事期間の目安や、追い焚き機能の後付け・浴室の広げ方など、マンションのお風呂リフォームに多い疑問や注意点についてまとめてみました。実際のリフォームを行った事例も掲載しているので、浴室のリフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 人工(人造)大理石の浴槽って本当に良い?メリット・デメリットやリフォーム費用は?

    現在、ユニットバスの浴槽はFRPが主流となっていますが、リフォームを機に「人工(人造)大理石」の浴槽に変えるケースも少なくありません。お風呂にこだわりがある方にとって、滑らかな手触りや高級感を持つ「人工(人造)大理石」は、非常に魅力的に感じられる素材です。では、FRP浴槽と比較した場合、人工(人造)大理石にはどのようなメリットがあるのでしょうか。設置後に必要なメンテナンスや、劣化・破損した場合の補修方法、さらにおすすめのユニットバスメーカーなどについてもあわせてご紹介しましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.