在来工法の浴室リフォーム5種類の費用・特徴を比較!色々な事例パターンもご紹介

在来工法の浴室リフォーム5種類の費用・特徴を比較!色々な事例パターンもご紹介

築年数の長い住宅でよく見かける、タイル張りの在来工法の浴室。そろそろ全面的にリフォームしたいなら、やはりユニットバスにするのが一番理想的と考える方も多いはず。ただ、浴室の構造によってはユニットバスが入らない場合もあるんです。在来浴室のリフォームには色々な方法があり、メリット・デメリットもそれぞれ異なります。ご自宅の浴室にはどのようなリフォームが合うのか、具体的な施工方法・費用相場を比較しながら検討してみましょう。様々なパターンの施工事例も、あわせてご紹介します。

在来浴室リフォームは、ユニットバスへ変更する方法が一般的

在来工法の浴室をリフォームする場合は、断熱性や防水性に優れたユニットバスへ変更するのが一般的です。
ユニットバスの具体的なメリットについては後ほどご紹介しますが、予算や構造などの条件を満たしていれば、ユニットバスを選ぶのが最適と考えられるでしょう。

在来浴室のリフォーム方法を比較

冒頭で述べたように、在来浴室のリフォーム方法には、複数の選択肢があります。
どのようにリフォームしたいかイメージしながら、それぞれの工法の価格相場や特徴を比較してみましょう。

①ユニットバスにリフォームする場合の価格・特徴
【リフォーム費用】65〜150万円

■清掃性や断熱性の向上を期待できる
■規格品のため、サイズやデザインが限られる
②在来浴室(タイル張り)にリフォームする場合の価格・特徴
【リフォーム費用】50〜200万円

■パーツごとに自由に設計できる
■ユニットバスと比較すると、断熱性・防水性が劣る
③ハーフユニットバスにリフォームする場合の価格・特徴
【リフォーム費用】55〜200万円

■ユニットバスと在来工法の長所を兼ね備えている
■メーカーが少ないため、商品が限定される
④(パネル工法など)ユニットバス風にリフォームする場合の特徴・価格
【リフォーム費用】10〜100万円

■既存の浴室サイズに合わせて、安く施工できる
■浴室を解体せずに工事するため、土台などが傷んでいる場合は不向き
⑤エコバスリフォームする場合の特徴・価格
【リフォーム費用】3〜40万円

■部分的にリフォームしたい時や、安く抑えたい場合に最適
■老朽化している場合には向かず、対応できる業者も少ない

なお劣化具合などの状況によって、各リフォーム内容の施工可否が異なります。
まずはプロの業者に、どのような施工ができるか見てもらうとよいでしょう。

在来工法の浴室リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ここからは、各リフォーム方法のメリット・デメリットなどについて、もう少し詳しく解説していきます。

①ユニットバス(システムバス)にリフォームする場合

在来浴室のリフォームで最も一般的なのが、ユニットバス(システムバス)に変更するリフォームです。
空間全てが新装されるため、新築のようにきれいな浴室に生まれ変わります。

【ユニットバスのメリット】

最新のユニットバスは断熱性に優れた製品が多いため、在来浴室の難点である冬の寒さが大幅に改善され、ヒートショック対策にもなります。
また、継ぎ目がない構造で水漏れやシロアリの心配が少なく、掃除もしやすくなります。

【ユニットバスのデメリット】

ユニットバスのパーツは全て工場で作られるため、すでにサイズが決められています。
そのため、現在の浴室のサイズと合わない場合は、ユニットバスに変更できないことがあります。
また、デザインも決まっているため、空間を自由に設計することはできません。

>> ユニットバスのサイズと選び方!リフォームできる条件は?

【ユニットバスに変更する際の値段】

タイル張りのお風呂をユニットバスにリフォームする費用は、100~150万円位です。
ただ団地やマンションなど、施工面積が狭い場合などには、65〜100万円で施工できた例も多く見られます。

>> 在来工法の浴室をユニットバスにリフォーム!費用・事例・注意点

在来工法の浴室リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

②タイル張りのお風呂にリフォームする場合

浴室のデザインに強いこだわりがあったり、浴室の広さ・形状にユニットバスが収まらなかったりする場合などには、在来工法で新たに浴室を作り直すという方法もあります。

【タイル張りのお風呂のメリット】

浴槽・壁・床・天井などを全て自由にデザインできるため、イメージ通りの浴室に仕上がります。
現在の浴室の広さや形状を最大限に活かせるので、スペースに無駄が生まれません。

【タイル張りのお風呂のデメリット】

ユニットバスに比べると断熱性・防水性が低く、冬場は冷える、隙間から水漏れすることがあるといった問題が生じます。
また、浴室を一から作るため、施工費用が高くなり、工期も長くなります。

【タイル張りのお風呂の値段】

タイル張りのお風呂から、再び在来工法の浴室にリフォームする場合、価格帯は50~200万円と幅広いです。
工事規模やデザイン性などによって変動するため、予算が不安な方は見積もりの際にリフォーム業者に相談しておくとよいでしょう。

在来工法の浴室リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

③ハーフユニットバスにリフォームする場合

ハーフユニットバスとは、バスタブ・洗い場・壁の下部分がユニットバスのようにセットになったもので、壁の上部分と天井は在来工法で造り上げます。
浴室のサイズや形状の問題でユニットバスが入らない場合に有効なリフォーム方法です。

【ハーフユニットバスのメリット】

浴室の下半分は在来工法よりも防水性が高まります。
また、天井や壁に木材を使用するなど、素材やデザインにこだわった浴室造りが可能です。
オーダーメイドで広さを指定できるタイプもあるため、天井に傾斜があるなど、ユニットバスでは対応できない浴室にも施工できます。

【ハーフユニットバスのデメリット】

取り扱うメーカーが少なく、製品の選択肢が限られます。
さらに、浴室の下部はコーキングで防水処理を行うことが多いため、防水パンを用いるユニットバスに比べると防水性は劣ります。

また、壁や天井のデザインにこだわりすぎると費用が高くなったり、浴室の状態によっては追加工事が発生したりしてしまうこともあります。

【ハーフユニットバスに変更する値段】

ハーフユニットバスへのリフォーム価格は、55〜200万円程です。
お話しした通り、凝ったデザインにする場合などはコストがかかるため、予算とのバランスを考えながらプランニングしていくとよいでしょう。

>> ハーフユニットバスの特徴・費用

在来工法の浴室リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

④(パネル工法などで)ユニットバス風にする場合

浴室の傷みが少ない場合や、広さ・形状を維持したい場合には、既存の浴室の上からパネルなどを貼って、ユニットバス風に仕上げる方法があります。

【ユニットバス風にリフォームするメリット】

浴室を解体する必要がないため、施工期間が短く、費用も安く済みます。
また、浴室の広さ・形状に合わせて施工できるので、ユニットバスが入らない浴室にもリフォームが可能です。

【ユニットバス風にリフォームするデメリット】

解体せずに施工するため、土台の傷みや水漏れの有無などが確認できません。
築年数が経過しているなど、全体的にリフォームしたい場合には向かない方法だと言えます。

【ユニットバス風にリフォームする値段】

パネル工法などでユニットバス風のお風呂にリフォームする場合、費用は10〜100万円が目安です
床や壁など、どの範囲を施工するか、同時に浴室暖房乾燥機などの設置も行うかどうかによって、値段が変わってきます。

在来工法の浴室リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

⑤エコバスリフォームを利用する場合

エコバスリフォームとは、浴室の傷んだ箇所を補修してから、シートやパネルを貼ったり塗装をしたりして、新品のように仕上げるリフォーム方法です。

【エコバスリフォームのメリット】

現在お使いの浴室をそのまま活用するため、ユニットバスが入らない場合や、部分的に施工したい場合に適しています。
工期が短く、費用も安く済みます。

【エコバスリフォームのデメリット】

土台や下地の状態を確認できないため、築古物件などで浴室全体をリフォームしたほうがよい場合にはおすすめできません。
また、対応できる業者が少なく、仕上がりに差が生じる可能性があります。

【エコバスリフォームの値段】

基本的に部分施工するケースが多いため、エコバスリフォームは3〜40万円位の費用で実施可能です。

在来工法の浴室リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

在来浴室リフォームの注意点=追加工事が発生しやすい

在来工法の浴室はタイルの割れ目などから水漏れしやすく、工事が始まってから腐食やシロアリ被害などが発覚するケースが珍しくありません。
土台の補修が必要になると、工期の延長や追加費用が発生することもあります。

そのため、このような可能性を事前に説明してくれる業者に依頼すると安心です。
不安な場合は契約前にきちんと相談しておきましょう。

ユニットバスへのリフォームが難しい時の解決策は?

梁や柱があるなど、建物の構造によっては、規格サイズのユニットバスが入らないケースがあります。

このような場合は、前述のようなパネル工法やユニットバス風にリフォームする方法の他、タカラスタンダードの「ぴったりサイズシステムバス」を採用したり、壁を解体して浴室を拡張したりするなどの対処法もあります。

業者によって対応の仕方も異なりますので、まずは相見積もりで提案内容を比較するのがおすすめです。

在来工法の浴室リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

在来浴室をリフォームした事例と価格・工期

最後に、当サービス『リショップナビ』に加盟する施工業者が手がけた、在来工法の浴室リフォームの様々な実例をご紹介します。

【事例1】賃貸アパートの在来浴室をユニットバスへ

住宅の種類 アパート
築年数 50年
リフォーム費用 55万円
工事期間 3日
賃貸アパートのオーナー様より、2階のタイル張りの浴室から階下に漏水していたため、改修のご依頼をいただきました。
「シンプルで低コスト」というご要望にお応えし、漏水箇所の床を施工し、LIXIL(リクシル)のユニットバス『リノビオ』シリーズを用いて改装しました。

>> この事例の詳細を見る

【事例2】マンションのタイル張り浴室をLIXIL『リノビオ』に

住宅の種類 マンション
築年数 30年
リフォーム費用 64万円
工事期間 7日
こちらもLIXILの『リノビオ』を採用した事例です。
築30年が経過したマンションの在来浴室をユニットバスにリフォームしたことで、清掃性や機能面が格段にアップしました。

>> この事例の詳細を見る

【事例3】80万円でユニットバスに変更リフォーム

住宅の種類 一戸建て
築年数 32年
リフォーム費用 80万円
工事期間 4日
「在来工法の浴室からユニットバスに交換したい」というご依頼を受け、リフォームしました。
シンプルなホワイトカラーで統一された、清潔感ある空間に仕上がっていますね。

>> この事例の詳細を見る

【事例4】コーナーに柱がある浴室で、タカラ『伸びの美浴室』を施工

住宅の種類 一戸建て
築年数 25年
リフォーム費用 100万円
工事期間 7日
コーナー部分に柱の出っ張りがある浴室におけるリフォームでした。
柱部分を切り欠くことができるシステムバス製品が限られている中、タカラスタンダード社の『伸びの美浴室』にて施工できました。

>> この事例の詳細を見る

【事例5】シロアリ被害のあった浴室をシステムバスに

住宅の種類 一戸建て
築年数 30年
リフォーム費用 100万円
工事期間 7日
お風呂を解体してみると、既存の浴室下にシロアリの巣があり、土台などがボロボロになっていました。
このため工期が1日延びてしまうことになりましたが、お客様に快く了承いただき、腐食していた木材の交換なども行った上で、害虫発生リスクも軽減できるシステムバスへとリフォームしました。

>> この事例の詳細を見る

【事例6】タイル張りのお風呂を全体的に一新

住宅の種類 一戸建て
築年数 35年
リフォーム費用 162万円
工事期間 21日
「既存の浴室の広さをキープしたまま新しくしたい」とのご希望だったため、壁のタイルや床材、浴槽などを全体的に一新しました。
寒さ対策として、窓をペアガラスにリフォームし、浴室暖房機も導入することをおすすめしました。

>> この事例の詳細を見る

古い浴室が生まれ変われば、ご家族みんなが安心してお風呂に入れます。
ユニットバスへの交換ができない場合も、代替案・方法が色々ありますので、ご自宅の浴室に合ったプランを選んでみましょう。

在来工法の浴室リフォーム
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂・浴室のおすすめ記事

  • お風呂・浴室・ユニットバスのリフォーム費用相場&施工例21選!おすすめ業者の口コミも公開

    築10年を過ぎると、浴室のリフォームを検討し始める時期を迎えます。しかし気になるのが「お風呂場をまるごと交換・改修する費用って、高いのでは?」「工事日数はどれ位?」「会社はどんな所がよいの?」といったことではないでしょうか。そこで今回は『リショップナビ』の施工事例を元に、一戸建て・マンションにおけるバスルームのリフォーム価格についてご紹介します。在来浴室のリフォームやTOTOなどのユニットバス(システムバス)の実例、おすすめ業者の口コミなど幅広く掲載しているので、チェックしてみてくださいね。

  • 【2020年版】ユニットバスのメーカー7社を比較!おすすめ商品の価格やリフォーム事例をご紹介!

    ユニットバス(システムバス)のリフォームの際には、どのメーカーがよいのか、迷ってしまうもの。各メーカーにどういった魅力があるのか、どの商品が売れ筋なのかなど、チェックしておきたいですよね。そこで、当サービス『リショップナビ』におけるユニットバスのランキングや、人気の「TOTO・リクシル・パナソニック・タカラスタンダード・トクラス(ヤマハ)・クリナップ・ハウステック」社のお風呂の特徴やおすすめ品をご紹介します!施工事例や、各おすすめ商品の工事費込みの価格も掲載しているので、参考にしてください!

  • リクシルのユニットバス『リノビオ』の口コミ・価格!種類の違いや事例も一挙公開!

    お風呂のリフォームで、機能性や見た目にこだわりつつ、費用はなるべく安く抑えたい。そんな条件を満たすユニットバス(システムバス)として選ばれることが多いのが、リクシル(LIXIL)の『リノビオ』シリーズです。イナックス(inax)のブランド名でも馴染みのある住設メーカーだからこその工夫点が多く、省エネや断熱性に優れ、デザインやサイズ展開も豊富。今回は、リノビオシリーズ(V/P/BYR/Fit)の違いや魅力、口コミ・評判、リーズナブルにリフォームできた施工事例まで、具体的にご紹介します。

  • お風呂でよくあるトラブル・部位別の修理費用相場!業者の探し方は?

    お風呂は、一日の疲れを癒してくれる大切な場所。水漏れや、換気扇の故障といったトラブルを発見すると、なるべく早く対処したくなりますよね。しかし、修理費用はいくら位かかるか、不安な方も多いでしょう。そこで今回は、お風呂のトラブルの中でも特に多い、詰まりや水漏れ、浴槽・壁材・ドア・給湯器・換気扇などの修理を、業者に依頼する際の費用相場を確認してみましょう。また、設備全体を交換したほうが良い場合や、業者探しのポイントについてもあわせてご紹介します。

  • お風呂・浴室を、増築リフォームで“増設”or“拡張”したい!費用・工期・注意点は?

    「狭い浴室を増築で広くしたい」「二世帯住宅用にお風呂を新設したい」など、浴室の大掛かりな工事を計画する時、まず気になるのが費用の問題ですよね。また、工事中は入浴できなくなる可能性があるため、具体的な工事期間も知りたいところです。そこで今回は、浴室を新設もしくは拡張する場合にかかる費用や日数、さらに確認申請が必要なケースについてもご説明します。また、施工事例や、増築ができない場合のリフォーム方法もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.