愛知県名古屋市のリフォーム

地元のリフォーム会社を徹底比較するならリショップナビ!
地域密着のリフォーム会社が多数加盟しているので、家の近くの会社が見つかります。 水まわり・リビング・キッチンなどの内装リフォームから、外壁・屋根など大規模外装リフォームまで、どんな工事でも見積もり対応致します!

愛知県名古屋市における見積ご依頼実績 2,355

全国の優良リフォーム会社を無料で最大5社ご紹介している、『リショップナビ』です!
愛知県名古屋市でご紹介できる可能性のある加盟リフォーム会社は68社です。
ここでは、愛知県名古屋市のリフォーム会社の口コミ評価や施工事例を公開しています。
リフォーム会社を複数社比較することで、最適なリフォーム内容や費用相場がわかります!

愛知県名古屋市の方のリショップナビ成約実績

物件種別ごとの成約実績構成
一戸建て
51.9
マンション・アパート
44.8
店舗
3.3
築年数ごとの成約実績構成
5年以内
10
6~10年
7.8
11~15年
14.2
16~20年
15.8
21年以上
52.2
人気のリフォーム上位5箇所
風呂・浴室
トイレ
キッチン
洋室
洗面所

愛知県名古屋市のリフォーム市場概況

愛知県名古屋市でリフォームに対応できる可能性のある事業者数は2,366社です。
業者によって得意なリフォーム工事内容なども異なるので、数社を比較してみるといいでしょう。
また『住宅リフォーム・紛争処理支援センター』に寄せられた愛知県のリフォームに関する相談は年間で482件になります。
不要なトラブルに巻き込まれないようにするためにも、リフォーム業者はしっかりと比較して選びましょう。
リショップナビでは厳選した優良業者をご希望にあわせてご紹介しているので、どの業者に相談するべきか決められないという方は、ぜひご相談くださいね。

愛知県の市区町村からリフォーム会社を探す

愛知県の近くの地域を見る

愛知県名古屋市の人口は229.44万人です(2019年時点)。前回調査時の2018年には228.82万人だったので、前回と比較して、+0.61万人となっています。
また、愛知県の持ち家率は60.57%で、全国平均(62.32%)よりも低いです。

愛知県では、2001 〜 2010年が最も多く、次いで1991 〜 2000年、1981 〜 1990年頃に多く住宅が建築されています。
一般的には、キッチン・風呂・トイレ・洗面などの水まわりや、外壁のリフォームは築10〜20年頃、屋根は築10年程度で塗装を検討、20年以上になると葺き替えも検討したいところです。
適切なタイミングを逃すと、工事範囲が広くなったり、工事費用が高くなることもあるので、そろそろかも、と思ったらリフォームを検討してみるといいでしょう。
どんな症状が出たらリフォームするべき?箇所別に詳しく解説!>

名古屋市の地域情報

名古屋市は、愛知県の県庁所在地で、中京圏の中心的都市です。市内は全16区で構成されており、東部が丘陵地、北部・西部・南部が平野部となっています。市の中心となるのは中区・東区・中村区・熱田区・昭和区・瑞穂区で、中区は市役所や愛知県庁などがあるほか、栄・金山などの繁華街が発展しています。他にも、中村区の名駅周辺も多くの商業施設があり、遊びやショッピングで賑わいます。住宅街となっているのは、北区・西区・中川区、守山区や千種区は丘陵地で自然が多く魅力的です。地下鉄東山線沿いの星が丘や、地下鉄鶴舞線沿いの八事周辺は高級住宅街として知られていますが、治安もよく、洗練された、落ち着いた雰囲気が人気です。沿岸部の港区は名古屋港があり、隣の南区とあわせて工業地帯となっています。市内は、JR東海道本線、新幹線、中央本線、関西本線が乗り入れ、名古屋市営地下鉄や名鉄などの私鉄があるので、交通アクセスには困らないでしょう。また、名古屋駅から30分ほどで中部国際空港へも行くことができます。

リフォーム・DIY体験記


複数社比較をすればよかったです

訪問販売で業者が来られ、浴室をみせてもらいたいとの事で見せたところ、タイル張りの床下がカビているとの事で、すぐにリフォームを提案されました。その場で即決してしまい結局他社と比較することもなく高額な金額になってしまいました。やはりリフォームするときは数社と比較し決めることが大切だと実感しました。私の場合どちらかというと失敗談なのですが、ユニットバスを入れる場合きちんとサイズ確認をしないとタイル張りの古い浴室を使用している場合は、以前よりサイズが小さくなってしまうので、実際の広さをショールームなどで確認したほうがいいと思います。また、浴室乾燥はリフォームの際設置しておくことをお勧めします。やはり雨が続く日は大変重宝しております。
4畳半の部屋用に棚を作成

4畳半の部屋の壁際にスチール製の引違い戸で施錠のできるロッカーが置いてあったのですが、周囲の本などが乱雑になってしまったことから、ロッカーごと収納できる棚を作成することにしました。あまり目につかないところだったので、なるべく安価な材料で作りたいと思い、主な材料にラワンランバーコア合板を使って、2段の棚を作ることにしました。なるべく切断作業を少なくしたかったので幅は180㎝として、奥行きは45㎝と1枚ものを半分に切るだけとしました。高さは90㎝としたので3×6サイズを2枚購入しました。切断には電ノコを使用し、なるべく曲がらないように角材でガイドレールを作り固定して使用しました。ホゾ組をしたかったのですが、時間も手間もなかったので、インパクトドライバーでビスを打ち組み上げました。仕上げに着色ニスを2度塗りして終了です。ビスで組み上げたにしてはそこそこ頑丈に出来上がったので満足しています。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.